Loading...
ニュースパーツ・工具類

ついにSRAMからダイレクトマウントブレーキS-900登場!そもそもダイレクトマウントブレーキって何?

SRAM ダイレクトマウントブレーキS-900

モビスターのバルベルデ師匠が去年のツールでのケガから復帰早々に今年初勝利という朗報に悦びつつ、SRAMの新製品ブレーキ、S-900の紹介。

 

この新ブレーキS-900は、SRAMファン待望のダイレクトマウントブレーキ(リムブレーキモデル)や!

 

SRAM公式サイト(海外版):S-900 Direct Mount Rim Brake

 

今回はこの製品の概要を紹介する前に、そもそもロードバイクのダイレクトマウントブレーキって何やねんというのを、テキトーに解説するで。テキトーにな。「適当」じゃなくて、テキトー。ま、このブログ見とる読者さんならみんな知っとると思うけど、ロードバイク始めたばかりの初心者さんとかもおるかもしれへんしね。




 

 

(1)そもそもダイレクトマウントブレーキって何?そのメリットは?

 

①ダイレクトマウントブレーキとは?その概要

 

ロードバイクのブレーキもママチャリのブレーキも、フレームに取り付けるという点では同じね。で、ロードバイクのブレーキについては、その取り付け方が2つあるんよ。これまでの普通の取付方式とダイレクトマウント方式。

 

ま、口でごちゃごちゃいうてもようわからんやろうし、下の画像をみておくれやす。

 

シマノ アルテグラブレーキ
アルテグラフロントブレーキ © 2014 SHIMANO INC. Shimano WEBサイトより

 

これはシマノのアルテグラのフロントブレーキの画像。←がこれまでの取付方式のやつ。→がダイレクトマウント方式のやつ。

 

←側の画像の〇で囲った部分に注目してヒヤシンス。従来の方式は、このネジ棒をフレームに差し込んで固定してたんよ。その1か所でブレーキとフレームを固定してたわけ。一方で、→側のダイレクトマウント方式のやつにはそれが無いやろ?じゃあ、どうやってフレームに取り付けるのかというと、もともとフレームのフォーク左右にブレーキ固定用の穴が開いてるんよ。つまり、2か所のポイントで固定するわけ。

 

リアブレーキの場合は、リアのシートステー(あるいはBB下に取り付ける場合はBB下部の部分、チェーンステーとの接合部あたり)にブレーキ固定用の穴が用意されとる。

 

ま、これが2つの方式の違いや。〇で囲った部分に注目すればだいたい見た目でわかる。あるいは、上述のようにフロントブレーキならばフォーク、リアブレーキならばシートステーとか、シートステーになければBB下部(底)のあたりとかみればわかる。要はダイレクトマウント方式の場合はフレームが専用設計になっとるちゅーことや。フレーム全体を見ればその方式か否かがわかる。

 

 

 

②ダイレクトマウント方式のメリット・デメリット

 

1か所で固定するのと、2か所使って固定するのとどっちがガッチリ固定できると思う?そら、2か所のほうやろ。また、ダイレクトマウントの場合はフォークそのものに直接固定するわけやから、なんつーかな、力が伝わりやすい?っていうイメージ。物理的になんといえばええんか知らんけど。

 

すなわち、メリットの1つめは、ガッチリと固定できること。

 

あと、上の画像見てもらってわかるかな?わからんかな?ちょっと→側ダイレクトマウント方式のほうが、若干小ぶり・コンパクトに見えへん?実際、ダイレクトマウント方式のほうがブレーキはコンパクトに作れるんよ。そんでコンパクトなほうがよりガッチリとブレーキの力が伝わりそうな気がするやろ?まぁ実際そうなんやけど。

 

すなわち、メリットの2つめは、ちょっとブレーキがコンパクトになること。エアロ性能の向上とか、ブレーキ本体の剛性とかが上がること。

 

さらには、これら2つのメリットの延長上の効果として(帰結として?)、制動力が向上する。

 

すなわち、メリットの3つめは、より少ない力でブレーキが効きやすいこと。

 

だいたいメリットはこれら3つや。

 

あとはオマケのメリットみたいなもんとして、フレームを専用に加工するわけやから、乱暴にいえば専用フレームさえ作ることができれば、フレームのどこにでもブレーキを付けることが可能になる。それこそ、トップチューブにつけることも可能や。でもそんなんしてもなんの意味もないけどね。あくまでデザイン上はということね。

 

ま、こんな感じでブレーキの位置を変えられるから、空気抵抗の削減という点から上述のようにリアブレーキをBB下部につけるのも多いわけ。最近のTTバイクとか。

 

さて、デメリットはというと、まず1つめは、従前の方式のブレーキと比べてコンパクトになるということは、太いタイヤを履かせるときに「ガバッとブレーキを広げる」というのがちょっとやりにくくなること。タイヤやホイールを変更するときの調整がちょっと手間増える、という感じ。

 

次に、デメリット2つめは、ディスクブレーキとの関係性や。来年あたりプロのロードレースにおけるディスクブレーキの使用について、その安全基準とかがUCIによって正式に定められる予定や。そうなると、機材に保守的であるプロの世界も、メーカー側の思惑で一気にディスクブレーキが浸透する可能性がある。それはもちろんアマチュアライダーにも波及し、現状でさえディスクブレーキ搭載ロードバイクの販売が増えつつある(特に海外では凄い)のに、今後はさらにそれが成長するかもしれへん。

 

となると、そもそもリムブレーキ方式が廃れることになるわけで。そうなるとリムブレーキ版のダイレクトマウントブレーキは不要になるわけ。

 

だったら、ダイレクトマウントブレーキなんかにせずに、最初からディスクブレーキロードバイクにしとくか、あるいはこれまでの方式のやつで間に合わせるか、という考え方になる。

 

ま、他にもちょこちょこメリット・デメリットはあるけど、おおざっぱに言えばこんな感じや。

 




 

 

SRAMのダイレクトマウントブレーキS-900

 

SRAM ダイレクトマウントブレーキS-900
© 2018 SRAM LLC. SRAM公式サイトより

 

さて、本題に戻ってSRAMの新製品、ダイレクトマウントブレーキS-900の概要や。

 

このS-900はSRAM初のちゃんとしたダイレクトマウントブレーキ(リムブレーキモデル)。

 

実はプロの機材においても、SRAMからダイレクトマウントブレーキが販売されてなかったがために、ダイレクトマウントブレーキによるメリットを享受したいプロチームは、シマノのデュラエースのダイレクトマウントブレーキを使ってたりしたんや。SRAMがスポンサーについてるチームでさえもね。

 

ところが今回この新製品によって、ようやくそういったプロチームの機材も「完全に」SRAMコンポで統一されることになる。やったね。そして最初にこのS-900を使用するワールドツアープロチームは、マルセル・キッテル所属のKatusha-Alpecinになる予定や。

 

S-900の特徴は、公式サイトによるとこんな感じ。

 

  • Direct mount
  • Compatible with non-HRD SRAM road shift-brake and brake levers
  • Sold individually
  • Front and rear compatible – fork and seat stay mount only
  • Includes SwissStop Flash Pro pads
  • Solid feel, power, and modulation with a snappy return
  • Wider clearance for modern wheelsets

 

テキトーにまとめると、剛性があってエエ感じ。制動力も強くて、現代の流行であるワイドタイヤ(ホイール)にも対応可能。具体的には28Cタイヤも使えるとのこと。さらに、ブレーキシューとしてSwissStop Flash Proが付属。そして、油圧式でないSRAMのロードバイクコンポといっしょに使えるで(当然、RED eTapとも使える)と書いてある。

 

あと、たぶんやけど、非ダイレクトマウント式のブレーキよりも若干軽くなってる可能性があるから、重量面でもメリットあるかもね。

 

販売はおそらく来月3月中。値段は販売地域によって円でのレートが多少異なるため、円に換算するとけっこう価格差が出る。

 

  • アメリカ市場向けだとUSD: $125(約13600円)
  • ユーロ圏だとEuro: €130(約17770円)
  • イギリスはユーロを採用してないから自国通貨のポンドで£116 (約18000円)

 

せやからSRAMのおひざ元アメリカ市場で米国ドルの価格で買ったほうがだいぶ安いね。4000円以上の差がでるからね。

 

日本市場向けの値段がどうなるかなどは不明。

 

そもそもSRAMは日本市場向けだと、SRAM社自体はMTB中心で、ロードバイクはINTERMAXが取り扱い。そしてそのINTERMAX自体がそもそもSRAMのロード製品販売にやる気が見られないんやけど、どうなっとるんかね。まぁ注文したらちゃんと売ってくれると思うけど。

 

どうも、INTERMAXのWEBサイトみてると「SRAM売る気あんのか?こいつら」と思わざるを得ないブヒねぇ。とりあえずオマケで扱ってみました感が強いんやけど、その辺どうなの?SRAMユーザーさんよ。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK