Loading...
ニュース

「90%の選手がフルームのレースに出場に不快感」。選手らの本音は?

チームSkyのクリス・フルーム

スペイン南部アンダルシア地方で開催中のステージレース、Ruta del Sol。疑惑の渦中にあるクリス・フルームの今年初戦や。もちろんいろんな意味で注目度は例年以上。

 

ただ、フルームはプロトンに受け入られているのか?報道カメラの裏側にある真実とは?

 

情報源:Top riders contradict Froome’s claims of peloton camaraderie

 

フルームはこのRuta del Solの第1ステージ後、自分はプロトンに受け入れられ、そして多くの選手から励ましや支援の言葉をもらったと述べてた(参考:Froome amazed by support of fellow riders at Ruta del Sol)。

 

そのとき、フルームはこう言った。

 

“It was really touching to see other riders come up in person and offer their support,”

 

訳「めっちゃ感動したわ。みんなやってきて応援するでと言うてくれたんや」




 

 

いやー、プロトン内部の友情や団結を示す、実に美しいストーリーですねぇ。おっちゃん涙が出そうになったわ(棒)

 

チームSkyのクリス・フルーム
From Team Sky Twitter

 

しかし、このフルームの言葉に異を唱える選手がおる。何言うとんねん、と。その筆頭が、赤ロットことLotto SoudalのTim Wellens。Wellensはこう言う。

 

“That’s not what I’ve experienced.”

 

訳「(フルームは、プロトンがフルームを支持してくれたとか言うとるけど)、実際はちゃうぞ」

 

実はTim Wellensはフルームのサルブタモール問題が発生した直後から非常に強い批判の声をあげてきた選手の1人。トニー・マルティンも同じ。

 

というのもTim Wellensは、去年のツールに参戦しとったんやけど途中で体調を崩してた。そこで本来ならルール通りTUEを利用して回復させることもできたんやけど、それを拒否。結局ツールは途中でリタイアという結果になった。Wellensはたとえルール通りのTUEであってもチート行為(ドーピング)になることもある、とTUEを厳格に考えている人間やね。だからこそ、フルームの今回の件は許せへんのやろ。




 

 

続けてWellensは言う。

 

“If you did a poll, nine out of 10 riders would say it’s better that he’s not here,”

 

訳「もし投票したら、選手の10人中9人がフルームはレースの参加せんほうがええやろ、と言うで」

 

“On camera, a lot of riders are afraid to say what they think. Behind the cameras, they are not so happy about it.”

 

訳「カメラの前ではたくさんの選手が本音を隠そうとする。でもカメラの裏では、今回のフルーム参戦についてあまり良い感情もってへんやろな」

 

選手たちもいろいろあるってことやね。インタビュー記事やメディアカメラの前での言葉をバカ正直に信用したらアカンということやね。建前と本音。日本人の大好物!株主総会で社長・経営陣がしゃべる話と同じ!クソガキがデタラメばっかこきやがって、絶対許さねぇからな。

 

チームSkyのクリス・フルーム
From Chirs Froome Twitter

 

このTim Wellensと同じく、今回のフルーム参戦を舌鋒鋭く批判する急先鋒、切り込み隊長山本なにがし的存在がゲルマン機関車トニー・マルティン(通称:トニマル)。トニマルはこう言うとる。

 

“It’s super-bad for cycling. I absolutely don’t understand Team Sky and Froome that he comes back before this case is clear. It’s a shame.”

 

訳「最悪やで。何考えとんねんチームSkyとフルームのアホは。疑惑が明らかになるまでレースはやめとけや。ロードレース界の面汚しや」

 

と、激おこぷんぷん丸やで。

 

もちろんプロトンには他の考え方の人間もいる。例えばAg2rのOliver Naesenなんかは、「他人ことをいちいちワシに尋ねんといてくれ。知らんがな」というスタンス(めんどくさい派)。他にも、「しゃーないやん、ルールでは出場できるんやし」という諦観派・悟り派、あるいは、「ルール通りやってるんやからえーんとちゃう?(鼻ホジ)」という形式主義派もしくは実質無関心派などなど。

 

まぁとりあえず出場してもうたからRuta del Solはひとまず完走して終わるとして、次のレースとかどうするんやろなぁ。予定どおり今後も各レースに出走するんかのぉ。チームSkyのボスも覚悟を決めとるしのぉ。やっぱり今後もレース出るかな。それに、Ruta del Solのその後のレースに出場しないとなると中途半端すぎてそれもまたかっこ悪いからな。悪役なら悪役としての美学を貫かないとな。どうせ何したところで批判されまくるのは同じやしな。

 

ま、ルールどうこうといろいろあるけど、正直のところ「余計な面倒起こしやがってアホが。静かにしとれや」ってのが大方の本音ちゃうかね。

 

(今日のおまけ:今期アニメで一番のお気に入りは、ゆるキャン。女子高生がゆるーくキャンプをする物語。キャンプがしたくなるアウトドア派の作品や。便利なキャンプグッズ&キャンプ飯のメニューやレシピの紹介も楽しい。メインキャラのなでしこ&リンのコンビ「なでリン」が尊い。原作コミック(Amazon):ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK