Loading...
ニュースロードバイク

Factor 2018年モデルFactor ONE登場!分割ダウンチューブは継承し、空力性能と剛性の向上、28mmタイヤにも対応。

Factor ONE2018年モデル

バイクブランドFactorといえば、ワールドツアーチームのAg2rにバイクを提供するブランド。そして、そのフラッグシップONEはダウンチューブが2つに分割されてるという奇抜なデザインが特徴。

 

そんなFactor ONEに2018年モデルが登場。今回はその概要の説明や。

 

情報源:Factor Bikes公式(英語)

 




 

 

公式Twitter

 

この記事ではいくつか大きな特徴を紹介しとく。その他の詳細は公式サイトで各自テキトーに見といて。

 

 

 

2018年モデルFactor ONEの概要・特徴

 

Factor ONE2018年モデル
© 2017 FACTOR BIKES 下記公式ページより

 

①分割ダウンチューブは継承。TwinVaneからさらにエアロ性能と剛性を向上させたTwinVane EVOへ進化!

 

分割ダウンチューブってなんや??と思うかもしれへんけど、以下の写真をみてみ。よくわかる。

 

 

な?がっつりとダウンチューブが割れとるやろ?下の地面が見えるぐらい。これは空力性能をあげるための工夫。FactorはもともとF1や航空機の世界で空力性能を研究してた専門家たちが作ったブランドやから、その研究成果をロードバイクに応用した結果がこのデザイン。せやからなんの意味もなくこんなデザインにしとるんちゃうで。

 

上記公式ページにはこう書いてある。

 

Factor has worked tirelessly on the development of the Twin Vane Evo downtube, for more aerodynamic efficiency and maximum frame stiffness.

 

訳「Factorは常にTwin Vane Evoダウンチューブの開発に取り組んできた。それはよりエアロ性能を向上させ、フレーム剛性を高めるためや」

 

分割ダウンチューブというとなんか剛性が弱くなりそうな気がするけど、そんなイメージを払拭させるような高い剛性を実現してきたというわけやね。ま、実際乗ってみたら旧モデルでも十分すぎる剛性やったんかもしれへんけど。それは乗ってみたことないからワシにはわからん。

 

とにかくよりエアロに、より高剛性に進化したわけやから、レース派の人間してみれば巡航速度とスプリント速度があがるわけやろ。せやからクリテリウムレースでも高い攻撃力を発揮するかもしれんね。ま、剛性上がった分脚にきやすいとも言えるかもしれへんけど。そこはほれ、おまいらの剛脚と根性でカバーや。

 

 

 

②フォーク周りとハンドル周りのデザインの進化

 

Factor ONE2018年モデル
© 2017 FACTOR BIKES 下記公式ページより

 

フォーク周辺のデザインも進化しとる。目的はエアロ性能向上と剛性の向上。Factor ONEで採用されてるフレームとの統一的システム、ONE Total Integration System (OTIS)とやらがいろいろ発展したということ。

 

ハンドル回りも当然エアロ形状のハンドルで、各種ケーブル・ワイヤーも完全内蔵。さらに剛性やハンドリングの向上を図ったデザインになっとる。

 

なおコラムは存在しない。じゃあどうやってポジションの調整するねん?どういう仕組みになっとるんや?ということになるけど、下の画像をみておくれやす。

 

Factor ONE2018年モデル
© 2017 FACTOR BIKES 下記公式ページより

 

これがハンドル回りの構造。はえ~すっごいプラモデル感。コラムないやろ?

 

ハンドルの高低は専用スペーサーを使って行う。スペーサーを重ねたり、抜いたり。

 

コラムの場合はコラムカットが必要になったりする(でも最近は切らへんほうがええみたいやね)し、一度切ってしまったら二度と元に戻せへん。そういうカットの手間とかポジション調整の失敗時のリスクを減らせるわけやね。今後、こういうシステムを搭載するロードバイクがフラッグシップモデル以下のモデルでも普通になるかもね。

 

なおハンドルに関連する全てのパーツはステンレス。

 

附属する専用ハンドルはリーチが125mm 、ドロップが80mm。デュラエースDi2&油圧システムに対応。

 

 

 

③28mm幅のタイヤに対応

 

ワシ的に一番注目したいのがこれ。フレームそれ自体のエアロ性能とか剛性どうこうは別にどうでも……というわけではないけど、現状ではワシの関心はそれほど。

 

28mmタイヤの流行については過去いくつか記事にした。

 

25mmタイヤは時代遅れに?今後のエアロロードバイクは、28mmタイヤとフロントシングルが標準になるのか?3Tのエアロロードバイク新STRADA登場。

エアロロードバイクのタイヤは28mmが主流になるのか?英国ブランドOrroも28mmタイヤとディスクブレーキのエアロロードバイク「Venturi」を発表。

 

そして今回のFactor ONEよ。これは確実に28mmタイヤの時代が到来しつつあると思ってええんとちゃう?少なくともエアロロードバイクについては28mmタイヤに正式対応させてくるフレームが多くなると思うで。ならへんかったらスマンな。ま、しょせんブタやから許してちょんまげ。

 

クラシックの石畳などを走る系統のバイクならば、これまでグリップ力、耐パンク性能、快適性などの理由から28mmタイヤも履かせられるフレームはぎょうさんあったけど、最近はエアロロードバイクというエアロ性能重視でこの流れよ。

 

逆に25とか23mmとか履かせたらエアロ性能が低下するんちゃうか。28mmに最適化されたエアロフレームが今後増えていきそうな気がせーへん?




 

 

④その他:シートポスト、ディスクブレーキ対応、価格

 

このフレーム専用の附属シートポストはセットバックが0mmと25mmの両方ある。お好きなほうをどうぞ。また、ディスクブレーキ用フレームも用意されとる。

 

Factor ONE2018年モデル
© 2017 FACTOR BIKES 下記公式ページより

 

上の画像は公式通販サイトの画像。価格については、この画像をみておくれやす。$5,499~$11,499となっとる。日本円で約58万円~122万円。

 

日本での販売では、スペック、価格、カラーリングがどうなるかまだ全然わからんから、日本で買うなら代理店TRISPORTS(トライスポーツ)さんからの正式広報待つしかないね。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK