Loading...
ニュース

ボーネンがLotto Soudalと契約!

トムボーネンとロット・ソウダル

クラシックではカンチェラーラのライバルであり、ベルギーの英雄にしてクラシックの王様、トム・ボーネン。去年のパリ~ルーベを最後にして引退。最近はカーレースのライセンスも取得し、モータースポーツ業界に参戦中。

 

そのボーネンが、長年所属してたクイックステップではなく、ロットソウダル(赤ロット)と契約!

 

情報源:Lotto-Soudal recruit Tom Boonen as advisor for 2018 season

 

トム・ボーネン
From Quick-Step Cycling Twitter




 

春のクラシックキャンペーンがいよいよ始まろうとするこの時期に契約が発表されたわけやけど、別に引退ずみのボーネンがクラシックを走るということやない。ボーネンは、赤ロットのアドバイザーとして、そして、出資者として参加するというわけ。

 

このボーネンの参加は、赤ロットの企画 Captains of Cycling programmeという企画によるもの。この企画の内容は、一般市民が€50(約6500円)から€5000(約65万円)の金額を同チームに出資することで、その出資額に応じて、秘密のムフフなコンテンツの利用からVIP待遇サービスに至るまでのサービスを受けられるという内容のもの。

 

ボーネンはこれに出資したというわけやね。

 

記者会見のもよう。

 

もちろんチーム側として、フランドルとパリ~ルーベで生涯で合計7勝を挙げたレジェンドを単なる出資者としてだけ迎えるなんてことはしない。クラシックなどでチームや選手に助言するアドバイザーとしての役割もボーネンは担う。

 

さてボーネンは長年、赤ロットと同じベルギー国籍のクイックステップに所属してた。そしてクイックステップで乗り続けてたバイクは、Specialized。一方で、赤ロットはRidley。Ridleyはだいぶ前にエディ・メルクスを買収した。

 

ロードバイク業界M&A。リドレーがエディ・メルクスを買収。

 

というわけで、ボーネンは関与するチームだけでなくバイクブランドをも変更することになるわけやけど、情報源記事によると、実はボーネンはRidleyと縁がある。というのも、ボーネンの父親はRidleyの従業員らしい。また、上述のようにボーネンはモータースポーツにも参戦してるわけやけど、そっちのチームメイトのドライバーにAnthony Kumpenという人物がいる。そして、Ridleyを所有してるのはKumpen一族。ほほーつながりますねぇ~。世間は狭いとはまさにこのことブヒねぇ。

 

トム・ボーネン
From Quick-Step Cycling Twitter




 

ボーネンは今回の契約と役割についてこう言う。

 

“My role for the Lotto Soudal team will be an advising role,”  “I certainly won’t be looking over the shoulders of everybody”(この引用符はワシによるもの)

 

訳「ワシの役割はLotto Soudalのアドバイザーや。別にチームに対してごちゃごちゃいうつもりなんてあらへん」

 

“But on the areas where I can share my experience, I will gladly do so. Of course I know a lot of staff members and riders, so I won’t need to adapt much to the team.”

 

訳「でも、ワシの経験を必要としてくれる場合なら、よろこんでそれもするで。もちろん多くのスタッフとは知り合いやから、チームに解けこむにさほど困難はないやろね」

 

もしかしたらゴールラインの後方で、グライペルと抱き合うボーネンの姿を見られる日が?もしそんなことあれば胸熱やね。泣いてまうわ。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK