Loading...
その他ニュース

Uberの自動運転車による死亡事故の動画が警察から公開。

Uberの自動運転と死亡事故

数日前、米国の世界的自動車配車サービスのUberが実験していた自動運転車(AIカー)が、歩行者と衝突。被害者の女性は死亡という事故が起こった。

 

車内に搭載されたカメラがその事故の瞬間を捉えており、アリゾナ州テンペ警察によってその動画が公開された。

 

別にグロ画像でもないし、被害者の肉体的損傷とかは一切映ってないけど、心臓弱い人はいちおう閲覧注意。

 

 

さてこの映像を見てわかることは、まぁ映像からだけやけど、以下の点。

 

  1. 歩行者は横断歩道ではない場所を渡っていた。
  2. 夜道なうえあまりライトが強くなかった(上方向に照射されてなかった?)ので、歩行者の存在がわかりにくい。
  3. 歩行者も反射系ウェアなどは着ていない。自転車を押していた。
  4. 歩行者にぶつかるまで、減速を全くしていないように見える。
  5. 助手席の人間は下を向いて何かを見てたりして、全く歩行者に気づいていない。
  6. 助手席の人間は何か、緊急用ブレーキや外の映像を映すカメラに注意を払うなど緊急時用の態勢を取る・準備をしながら乗ってるようには見えない。リラックスして乗ってるように見える。
  7. 警告音なども一切なし

 

こんなとこかな。

 

どうも自動運転車は一切、歩行者を捉えてなかったようやね。複数のカメラが搭載されてるはずやろうけど、なんでカメラが歩行者を認識できなかったなのかなど原因は不明。夜間の暗さが関係あった?あるいは、画像認識プログラムに欠陥があった?どうなんやろね。

 

あと乗ってる人間には、普通は相応の注意が義務づけられてる(会社との契約上?アリゾナ州と会社との契約上またはルール上?)ような気がするんやけど、人間がその種の注意義務を果たしてるような気配は、映像から見られないね。ひょっとしたら、下向いて何かしてたから、スマホでデータが表示されてて、それらを見てたんかもしれへんけど。その場合、スマホで何をどんな風に見てたのかが問題やね。

 

ま、機械以上に人間の運転する車のほうが怖いことも多いし、おまいらも夜道は気をつけるんやで。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK