Loading...
豚ライド

豚ライド:平地練習という建前の木津嵐山&淀川自転車道ポタ。大阪城あたりまで。

ロードバイクで大阪へ

一昨日の日曜日の豚ライドは、二週連続で大阪へ。木津嵐山自転車道&淀川自転車道という2つの自転車道を使い、平地を4~5時間走る練習。

 

……という建前。

 

ほらやっぱり平地を長時間乗ってこそ見えてくるものってのがあるやん?男と女の仲みたいに。メイビー。

 

というわけで平地を走ってただけで特に書くこともないんやけどね。ま、備忘録みたいな感じ。あと、豚もちゃんとロードバイク乗ってるで!とアピールしとかないとアカンからね。なんせロードバイクのブログやってるわけやしね。

 

ロードバイクで大阪へ
ロードバイクで大阪へ。木津嵐山&淀川自転車道その1

 

昼前に出発。快晴。寒くも暑くもなく。適温。ガチれば暑いか。ファッキン車止めは毎度ごくろうさん。ほんまええ加減にせえよ。

 

ロードバイクで大阪へ
ロードバイクで大阪へ。木津嵐山&淀川自転車道その2

 

大阪名物のこうもん。

 

毛馬と書いて「けま」と読む。そして、こうもんとは漢字で書くと「閘門」。まぁ水門みたいなもんやね。これは大阪城の北側にある淀川沿いの水門。淀川自転車道を京都から大阪に向かってひたすら走っていくとある。ある意味ここが終点みたいなもん。海をみたければ、もうちょっと西進する必要あるけどね。

 




 

ここから大阪城はすぐに行けるし、難波や梅田へのアクセスも良好。せやから、自転車でここまで来ると大阪中心部をグルグル回れるってわけ。そういう意味での終点ってこと。

 

ロードバイクで大阪へ
ロードバイクで大阪へ。木津嵐山&淀川自転車道その3

 

いちおうシューズカバーをまだつけてるけど、そろそろ外してもいいブヒね。外すのが面倒だったというのもつけっぱなしの理由やけど。長指グローブも平地ならもういらんね。帰路はずっとグローブはジャージの腹部の中にしまったままやったわ。

 

大阪城あたりの桜はまだまだ。東京では満開とか言うてたけど、桜前線どうなっとんねん。近畿飛び越えてよその地方行くとかイカンでしょ。

 

ロードバイクの平地練習は、室内の3本ローラーでも代替できるように思えるけどやっぱり実際は別物。外で実際に数時間淡々と平地を走ることで初めて見えてくるものがあるわけよ。例えば、自分とバイクの相性、ポジション、サドルとの相性、上半身の使い方、自分の癖とか、いろいろとね。せやから、自分のバイクや体と対話するためにはしっかり平地も走ったほうがええよ。

 

と、いかにも上級者っぽく一丁前のことを言ってみたけど、これはしょせん世間でよく言われてる一般論を述べただけ。

 

ただの豚やからね、本当はそんなことわかってもないし、発見もしてへん。気づいたところで速くなるための工夫も練習もせーへんよ。しんどいからね。山?山なんてどうでもええ。山はバイクを降りて歩くもの。

 

ロードバイクとStrava
ワイアードの豚のStrava

 

走行データとかは、Stravaやってるからそっちで見といて→Strava:ワイアードの豚(見ても君らの参考になるデータはないけどな。ブヒブヒ!)

 

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK