Loading...
ニュースパーツ・工具類

Shimanoの新型Ultegra RXクラッチ式リアディレイラー、「RX805」がデビュー。

シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー

日曜日に行われたクラシックの王様、ロンド・ファン・フランデレン。

 

その試走時に、トレックセガフレードのジョン・デゲンコルプのバイクについていたものが、クラッチシステム搭載の新型アルテグラのリアディレイラー。

 

情報源:Shimano Ultegra RX road clutch rear derailleur spotted

 




 

 

Shimanoのクラッチシステム搭載の新型Ultegra RXとは?

 

①クラッチシステムって何や?目的は?

 

まぁまずはこの動画をみてもらおうか。当然に英語やけど、動画やから見てたら雰囲気でなんとなくわかるかもしれへんからね。

 

 

このクラッチシステムまたはスイッチシステムというのは、もともとMTB用に開発された技術。

 

なんでMTBかというと、MTBはロードレースとは圧倒的に違う環境で走るわけ。そう未舗装や石畳どうこうの次元じゃないよね、コースが。マジの山中、瓦礫、崖からの飛び降りとかね。

 

そんな走行環境で困るメカトラが、チェーンのトラブル。特にチェーンが暴れてしまうことと、チェーンが外れてしまうこと。それを防ぐための技術がこのクラッチシステム。

 

一方、石畳系クラシックレース、特にロンド・ファン・フランデレンやパリ~ルーベがそうやけど、やっぱり石畳や未舗装路があるとチェーンがハネたりして、チェーントラブルが発生する可能性が高い。

 

そういうチェーントラブルという点では、MTBとクラシックレースは似た点がある。そこで今回シマノは、ロードバイク用のリアディレイラーにMTB技術を応用してきたというわけ。それが、このクラッチシステム搭載の新型アルテグラというわけ。それをロンド試走時にデゲンコルプ(だけかは不明)がテストしてた。

 

で、たぶん日曜日の本番も使ってたんとちゃうかな。いくつかの情報源をあたってみたけど、ちょっと本番に実際使ってたかどうかははっきりと書いてるのは見つけられへんかった。まぁサクっとしか調べてないけど。

 

ただ、テストの結果は良好だったようで、特に問題はなかったと関係者も言ってるようやから、たぶん本番で使ってたんとちゃうかな。可能性は高い。

 

同じシステムはSRAMがすでに開発ずみ。違いは、SRAMはMTBはおろか、ロードバイクですらフロントシングルを推進しとるから、フロントシングルで使うことを前提としたクラッチシステムのリアディレイラー。

 

対してシマノは、電動コンポにおけるフロントメカの動作の仕組みとのからみ(それが利益を生み出す価値がある点)で、フロントダブルは当分は絶対に捨てないやろうから、フロントダブルを前提にしたクラッチシステムというわけやね。

 

どうやらトレックのメカニックはシマノに対して、ここ数年ずっと「電動デュラでクラッチシステム搭載のMTBのリアディレイラーが使えるようにしてくれよー頼むよー」と言ってたようやね。それが今回実現されたと。

 




 

 

②使い方・仕組み

 

シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー
上記動画より:シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー

 

さて、上の画像見てみ。黄色の〇の部分。なんか見慣れない灰色のスイッチみたいなんがついてるやろ?これが、クラッチシステム(スイッチシステム)のスイッチ。

 

ディレイラーについてるこのスイッチで、チェーンの張り方が変わる。

 

シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー
上記動画より シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー

 

シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー
上記動画より。シマノの新型アルテグラRX805クラッチ式リアディレイラー

 

どう?ONとOFFの文字が記載されてるのがわかるかな?

 

スイッチを入れる(たぶん)とチェーンが張り(テンション)が強くなる。つまりチェーンが暴れにくくなるわけね。ピーンと紐を伸ばした感じになるわけね。スイッチを戻すと、通常のチェーンの状態に戻る。

 

メカニックとすればスイッチをポチっとするだけやから、手間かからんでええわね。いうても毎日チェーンやギアの状態はチェックしとるやろうし、レースに応じてギア比も変えるやろうから、スプロケの入れ替えも頻繁にやっとるやろうけど。

 

 

 

③その他:電動コンポは?ギア比は?

 

この新型アルテグラリアディレイラーは、 電動アルテのRX805-GSと普通のRX800との両方で登場する。せやから電動ユーザーもそうでないユーザーも安心(?)。

 

また、ギア比は11-28tから11-34tまでに対応。

 

なお販売時期や価格は、まだ不明。

 

まぁシマノも、新人研修、人事異動、新型105発表の準備、そして株主総会の準備・対策とかで忙しそうやね。

 

シマノの新105についてはこちらを。

これがシマノの新しい105だ!シリーズ名「R7000」へ!デザインや概要など。

Wiggleでブラックフライデーセール開始やで。

 

そろそろ秋冬用装備を揃えようや

【Amazon】ロードバイク用ジレ商品一覧

【Amazon】ロードバイク用ウインドブレーカー商品一覧

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK