Loading...
ダイエット・食事・トレーニングニュース

デュムラン(大)の2017年ジロの緊急事態(大)の原因が判明。

ロードバイクとデュムランとジロ・デ・イタリア

去年のジロ・デイタリア2017を制したのは、オランダ人のトム・デュムラン。オランダ人初の快挙。もともとTTがクソ強かったけど、TT能力をあまり落とすことなく減量しつつ、クライミング能力を向上させることに成功。選手としてのタイプが明確に変化した。

 

  • お蘭人初の快挙
  • 選手としての肉体改造

 

これら2つの観点で、デュムラン(大)のジロ初制覇は語り継がれる出来事や。しかし、同時にそのジロの山岳ステージにおいて本人に発生したある緊急事態(大)についても語り継がれることになった。




 

 

デュムラン(大)の去年のジロにおける緊急事態(大)の原因は2種類の糖類

 

ロードバイクとデュムランとジロ・デ・イタリア

 

 

①原因はフルクトースとラクトースという糖類

 

さて、伝説のステージとなったのは2017年ジロの第16ステージ。ちなみにこのステージ優勝者はニバリ。覚えとるかな?得意の下りアタックをぶちかまし、追いすがるキンタナを突き放して優勝したステージや。

 

2017年ジロ第16ステージのハイライト動画

 

問題の緊急事態(大)のシーンは、この動画1:00からどうぞ。ちゃんとニバリの雄姿も見るように。

 

で、デュムランは去年の間にこの原因を探るべく、つまり補給食とかに含まれる成分の何が本人に合わなかったのか、本人の内臓の特徴はどんなもんかを調べるために検査入院みたいなのをしてた。

 

今回はその分析結果が判明したってわけ。

 

本人は今ジロ連覇に向けて、高地トレーニングをアメリカのシエラネバタ山脈で行ってるようやけど、そこでオランダのTV局NOS(オランダ版NHK)に対してこう語った。

 

“A number of food groups, such as fructose and lactose, are not very digestible for every human being,” “Some people have a little more trouble with it than others. Me, well I probably have a little more trouble.”

 

訳「多くの食品群、例えばフルクトースとかラクトースとかやけど、そういうのはみんながみんなちゃんと消化できるってもんではないんよ。人によっては消化するのにちょっとした問題がある場合もあるんよ。で、ワシがそれなわけ。まぁたぶんちょっとした違いなんやろうけどね」

 

というわけで、フルクトースとラクトースという2つの糖類が、デュムラン(大)にとってアカンかったわけやね。

 




 

 

②フルクトースとラクトースって何や?

 

調べてみたら、フルクトースはめっちゃ水に溶けやすい糖で、甘味料として甘さはめっちゃ強い。しかもコストが安い。というわけで、メーカーにとっては非常に使い勝手の良い物質なんやね。ほほう。せやから清涼飲料水とかお菓子に普通に使われとる。

 

一方、ラクトースのほうは実は乳児に不可欠の栄養成分と言われとる物質らしいで。ほー。哺乳類の母乳にぎょうさん含まれてるんやって。で、このラクトースが腸で分解されるにはラクターゼという物質(消化酵素?)が必要なんやけど、生まれつきこのラクターゼがない、または不足してる人がおるんやってさ。よく牛乳飲んで腹壊す人おるやん?実は、牛乳に含まれるラクトースが、腸でちゃんと分解されないからそうなるらしいよ。つまり、体質的に牛乳とかアカン人はラクターゼがない、または不足しとるんやね。こういうのを乳糖不耐症というらしいで。

 

トム・デュムランはそっち側の人間やったってことやね。せやから、上記インタビューではミルクとかは飲まへんようにしとるらしい。

 

なるほどなるほどー。勉強になるブヒね。ま、3時のおやつタイムにはもう小難しいこと忘れてるけど。

 

え?知ってた?おまいら頭ええな。

 

2017ジロ・デ・イタリア第16ステージ感想。ドュムラン(大)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK