Loading...
ロードバイク

2018年度最新ロードバイク:Groupama-FDJがLapierreの新Xelius SLを公開。Aircodeのエアロ性能を付与した新フレーム。

ロードバイクLapierre Xelius SL

いよいよ今年のジロ・デ・イタリアが目前に迫ってきた。

 

そんな中、プロチームGroupama-FDJが新バイクを公開したブヒ。

 

公式Twitterより。

 

 




 

 

Lapierre 新Xelius SLの2017年版と2018年版の見た目の違い

 

まずは、Lapierre(ラピエール)の今販売中のバイクと、今回発表された新Xeliusを見比べてみるブヒ。

 

ロードバイクLapierre Xelius SL
(c)Azuma Co., Ltd.&From Équipe Cycliste Groupama-FDJ Twitter

 

一番上が、今回発表された新Xelius。中央が2018年度版XELIUS SL 600 FDJ MC。一番下が2018年度版AIRCODE SL 600 MC。

 

どうやろ?違いわかる?なかなか微妙なところ。

 

でも新Xeliusと既存Xeliusとで絶対わかる違いがある。それはシートポストのクランプ周辺部分。見てみ。な?違うやろ?

 

新型はAircodeに近い、素直な形状やん?でも、既存Xeliusはなんか変な形してるやん?それが圧倒的に違う点。

 

次に、新Xeliusと既存のをフロントフォーク~ヘッドチューブあたりをみてほしい。新のほうがなんかびみょ~にふとくなってるようなきがしないでもない。でもたぶん気のせいかな?色が違うからそう見えるだけかもしれへん。

 

そしてリアエンドを見てほしい。新Xeliusと既存のやつとではちょっと形状違うやん?Aircodeのリアエンド形状に近いか?

 

あとはトップチューブの曲がり方というかフレーム全体が、新Xeliusのほうがちょっとだけ直線的な感じになってる?んーどうやろ。フレームサイズと色使いが違うからそう見えるだけかな?どうやろね。

 

最後にステムの下部。コラムスペーサー下部で、フレームと連結するところの形状が違う。Aircodeに近くなってる。空力性能をあげるためやと思う。

 

パッとみてわかるのはこれらぐらいかのぉ。

 

新Xeliusのイメージとしては、「既存のXelius+Aircode」やと思う。XeliusにエアロロードバイクAircodeの空力性能を足した感じやろね。

 

さて、この新Xeliusやけど基本的にクライマーや総合勢が山岳ステージで使うと思う。だからこそジロの目前での発表やし、ジロでもこれをつかうやろね。もちろんピノーもね。

 

一般販売がどうなるか、いつ、いくらで、など詳細は不明。公式にもTwitter以外はまだ全然情報がないからね。

 

最近もう、2018年モデルなのか2019年モデルなのかようわからんわ。

 

(今日のおまけ:昨日けっこうしんどいライドしたけど、帰宅後すぐにプロテイン飲んだからか、脚に筋肉痛なし。プロテインが効いてるんかね?ようわからん。おまいらプロテイン飲んで効果感じてる?過去記事でも書いたけどワシが飲んでるのはこれ、明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK