Loading...
ニュースロードバイク

キャノンデールの2019年モデルか?チームEFがジロ・デ・イタリアで乗る新型エアロロードバイク「System Six」。

キャノンデール(Cannondale)のロードバイク

 

キャノンデールのバイクを使うのは、ご存知チームFrom EF Education First – Drapac p/b Cannondale。以下、略してチームEF。たぶん、みんな気づいてるやろうけど、今開催中のジロ・デ・イタリアで、チームEFが使っているのが、おそらく2019年モデルであろう、そのプロトタイプ版であろうバイク。名前はSystem Six?

 

今までのキャノンデールのバイクとは全く違う別もんになっとるで!

 




 

 

キャノンデールの2019年モデルのエアロロードバイク「System Six」の概要・特徴

 

キャノンデール(Cannondale)のロードバイク
From EF Education First – Drapac p/b Cannondale Twitter

 

①新型エアロロードバイクとTTバイクのSuper Slice

 

まずこのチームEFの公式Twitterをみてほしい。

 

 

 

どう?わかるかな?

 

画像を拡大してみる。ドーン!

 

キャノンデール(Cannondale)のロードバイク
From EF Education First – Drapac p/b Cannondale Twitter

 

あー、これまでのキャノンデールのバイクともう全然ちゃうわ。

 

めっちゃエアロ。そしてディスクブレーキ搭載のエアロロードバイクやね。ライバル他社のエアロロードバイクに匹敵するものをついに出してきたね。ついに、というか、ようやく、というか。時代の最先端の流行にやっとキャノンデールが追いついた!ファンは歓喜!ホイールは最近人気でてきたVISIONやね。某ショップの店長がえらい薦めてるブランド。

 

今までのバイクはこれやで。

キャノンデールのロードバイク
SUPERSIX EVO HI-MOD DISC BLACK INC. © 2018 Cannondale 日本公式ページより

 

ほら、もう全然フレーム形状がちゃうやん。何もかもちゃうね。完全なる新作バイクやね。

 

たぶん、この新型エアロロードバイクはこの前のツール・ド・ロマンディでも使ってたんとちゃうかな?

 

 

これこの前のロマンディでの画像やけど、乗ってるのたぶん新型エアロロードバイクのような気がする。ていうか、シーズンイン直後のアブダビツアーでもたしか走ってた気がする。

 

ちなみにおまけとして、既存のトライアスロン用バイクSLICEを見てみよう。

 

キャノンデールのバイク
SLICE 105 © 2018 Cannondale 日本公式ページより

 

まだこれを日本では販売してる。キャノンデールファンには悪いけど、いかにキャノンデールが開発資金なかったのかよくわかるね。明らかに旧世代のエアロバイクのフレームやね。そらチーム運営もヤバイことになりますわ。開発が停まってたんやろねぇ。お金がなくて。

 

やる気はあってもお金がない。お金があればやる気もでる。金は心を生みだす。金は魂を創造する。一方、人をダメにすることもある。ま、愛といっしょや。つまり、金は愛。マネー イズ ラブ。

 

ちなみに本家のアメリカ版サイトではSLICEシリーズはページがない。

 

あといちおうキャノンデールの名誉のために書いとくと、ちゃんと去年からは上記SLICEの新型、SUPER SLICEを実戦で使ってたからね。このSUPER SLICEはちゃんと現代的なTTバイクとなっとる。チームにEFというスポンサーがついて、やっと金銭面で余裕ができたんやろね。上記SLICEとは大違いのフレームになっとる。

 

 

で、この画像と新型エアロロードバイクを見比べよう。

 

キャノンデール(Cannondale)のロードバイク
上記Twitterから

 

シートステーの位置、ダウンチューブやシートチューブの形状、ヘッドチューブのぶ厚さ、シートポストの形状とかいくつか特徴的な共通点があるね。せやから、Super Sliceの特徴を盛り込んだんやろね。

 

なお、チームEFはジロのチーム紹介(プレゼン)のときには、これまでどおりの既存のバイクを使ってた。その証拠がこれ。

 

キャノンデールとロードバイク
© 2018 Slipstream Sports Inc. 以下公式ページより

 

チームEF公式:THE GRAND TOUR Q&A RETURNS WITH THE FIRST EDITION OF #ASKARGYLE ON #FANFRIDAY

 

な?普通のやつやろ?だから、初日の第1ステージまで極秘扱いやったんやね。実際、チームの機材バスも滞在してたホテルの玄関側(正規の)駐車場じゃなくて、ホテル裏側の人目につかない駐車スペースに泊めてたみたいやで。やらしい、実にいやらしい。やりますねぇ!

 

さて、以下、この新型エアロロードバイクの概要を書いとくで。

 




 

 

②System Sixの概要

 

cannondale2019 systemsix
©2017 BikeBoardMedia, Inc. 下記情報源ページより

 

情報源:Giro101 Tech: Prototype Cannondale System Six aero disc road bike spotted!

 

多くの画像が情報源記事中にあるから見といて。

 

この新型エアロロードバイクSystem Sixの特徴をいくつか箇条書きすると、

 

  • ワンピース構造のステム&ハンドル(エアロ性能追求?)
  • ディスクブレーキ
  • ワイドタイヤが履けるフロントフォーク周りの構造(乱気流の減少が目的)
  • ボトルケージの位置は2通り
  • 電動コンポを完全に内装し、一体化できるフレームの工夫
  • 独自形状のシートポスト(名称はKnot?)
  • System Sixという名称は去年の7月にUCIによって承認されている(2000年代の同社バイクから拝借?)
  • 同社バイクSynapseに採用されているSAVEステーっぽい形状のチェーンステー
  • BB周辺の独特なフレーム形状(BB下部にはフレーム内部に容易にアクセスできる工夫)
  • ディスクブレーキは12mmのスルーアクスル。しかし、クリックリリース的なレバーも兼備。おそらくMavicのスピードリリースシステムと同様の技術か?FSA社では初の実装?
  • フロント・リアともに、様々な幅広タイヤと各種サイズのホイールを履けるように、隙間に余裕をもたせた設計

 

と、こんな感じ。フレーム重量などはまだまだ続報待ち。まだプロトタイプ版やろうから、実際の販売の前に、若干の修正が加えられる可能性もあるかも。

 




 

 

③おまけ:キャノンデールの日本市場と米国市場における違い

 

本家の米国版では、MTBのページが最初にあって、その次のロードバイクの紹介ページというメニュー構成になってる。この点、日本と米国の違い、キャノンデールの主力製品の違いがよくわかるブヒね。

 

キャノンデール(Cannondale)
© 2018 Cannondale 日本公式ページ

 

これが日本のバイク製品トップページ。

キャノンデール(Cannondale)
© 2018 Cannondale 米国公式ページより

 

こっちが米国版トップページ。

 

な?「MOUNTAIN」バイクのメニューが最初にあるやろ?別にアルファベット順というわけでもないやろ?やっぱり米国はロードよりもMTBよ。ロードではSpecializedやTrekという2強には資金力・開発力で勝てへんやろうから、MTBのほうに注力という戦略なんやろね。もともとMTBでも定評あったからね。最近はレフティーシリーズが個性的かつ好評やしね。

 

(今日のおまけ:朝飯とかおやつにヨーグルトを食べるんやけど、その時にフルーツグラノーラを放り込んでる。お気に入りはカルビー フルグラ 1000g。スーパーとか800g?のやつはよく売ってるんやけど、この1000gがなかなか見つからへん。せやから毎回Amazonで購入。なぜか800gより安いときが多い。わけわからん。そんなカルビー フルグラ 1000g
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



[Sponsored Link]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK