Loading...
ニュース

Cofidisがチームとのスポンサー契約を延長。

ロードバイクとロードレース

 

ナセル・ブアニでお馴染みのフランスチームCofidisがメインスポンサーである、そのCofidis銀行とのスポンサー契約の更新に成功。なんと2022年までの長期契約や。ちなみに、プロチームCofidisの正式名称は、Cofidis, Solutions Credits。

 

 

 

Cofidisのスポンサー契約延長も、チームとブアニとの関係は冷え冷えか?

 

まずチームのえらいさんのTwitterどぞ。

 

 

同チームのえらいさんは、去年の夏やったかな、 2012年にチームに入ってきたYves Sanquerと替わり、元選手のCedric Vasseurがえらいさんになった。このCedricおじさんは、すぐにチーム改革に乗り出し、エーススプリンターのブアニが持っていた優越的地位を縮小させ、ブアニのためのトレイン要員を減少させた。

 

コフィディスがブアニのためのトレインを縮小することを決定。一体何が?

 

もちろんそれと同時にチームの戦略も変更。ブアニによるスプリント勝利だけを目指してた方針を変更し、より多様性のある戦略に基づく勝利数の獲得を目指すチームへ作り変えた。

 

さらに以前からチームに参加したブアニの父親も追放し、代わりに監督としてRoberto Damianiを送り込み、ブアニを指導する任務に就かせた。しかし、ブアニとこの監督の関係は案の定あんまりええとは言えへんみたいやね。先日もこの件に関するネタを記事にした。

 

ブアニが監督と大喧嘩。チームバス内が冷え冷え。

 

まぁでも、チームにとって最優先事項であるASO主催のビッグレース、すなわち今年のツール・ド・フランスとブエルタ・エスパーニャにはワイルドカード枠での出場決まってるから、まぁそれはそれでOK。あとはブアニとチームとの関係次第やね。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK