Loading...
レース感想・レビュー・インプレ

フルームとチームSkyの狙いは何か?優勝を狙っているのか?イエーツを攻撃するポイントはどこか?

ロードバイクとロードレース、ジロ・デ・イタリア2018

 

情報源:Are Froome and Sky plotting an ambush to win Giro?

 

さっきの記事でも書いたように、今日の第19ステージはヤバイ。そして第20ステージもヤバイ。この2つの超級山岳ステージでは、何が起こっても不思議じゃない。うまくやれば1分、2分の差はひっくり返るやろね。

 




 

 

(1)チームSkyとフルームは、「表彰台に上る以上」の結果を狙うのか?

 

ロードバイクとロードレース、ジロ・デ・イタリア2018
From Team Sky Twitter。チームSkyとクリス・フルーム

 

現在の総合順位と秒差はこのようになってる。

 

1位サイモン・イェーツ75:06:24
2位トム・デュムラン0:00:28
3位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ0:02:43
4位クリストファー・フルーム0:03:22
5位ティボー・ピノ0:04:24
6位ミゲルアンヘル・ロペス0:04:54
7位ローハン・デニス0:05:09
8位ペリョ・ビルバオ0:05:54
9位リチャル・カラパス0:05:59
10位パトリック・コンラッド0:07:05

 

昨日28秒を縮めたデュムラン(大)とイエーツの差は、残り2ステージのヤバさを考えると、たった28秒といえるし、フルームにも可能性があるといえばある。

 

昨日の最後の登り。その後半でのプルスの動きとフルームの攻撃との関係について、情報源記事でフルームはこう言う。

 

“[Putting Poels up the road] was something we decided to do on the last climb. Wout was feeling good and we agreed that he’d push on, and see if I could get across to him. It worked out really well.”

 

訳「プルスを先行させたのは、登りで決めたチームの作戦や。プルスは調子良かったみたいやし、チームとして先行させることにしたんや。そんで、ワシがプルスに合流できるかどうかを検討してたんや。で、それが功を奏したというわけ。マジでうまくいった。」

 

さらに今後のステージについてチームSkyはこう言う。

 

“We don’t hope [Yates] cracks, but if he does, we have to be ready,”

 

訳「別にイエーツが崩れるを祈ってるわけちゃうけど、もしイエーツに何かあれば、チームSkyは動くで」

 

“We are trying to put some pressure when we can. We put riders up the road. Chris is a warrior. He never gives up. There is still space for a surprise.”

 

訳「チームとしてはやれる時には攻撃しかけるようにしとる。だから先頭に選手を送り込むんよ。フルームは戦士や。決してあきらめてへんよ。まだ驚くべきことが起こる可能性はあるよ」

 

というわけで、優勝を静かに狙ってるみたいやね。

 




 

 

(2) イエーツに対する攻撃の鍵は平地

 

ロードバイクとロードレース、ジロ・デ・イタリア2018
From Team Sky Twitter。チームSkyとクリス・フルーム

 

イエーツに対して攻撃をしかけるポイントについて、監督のNicolas Portalはこう言う。

 

“The only way is to isolate [Yates] is in the valleys,” “The way he’s been climbing, he doesn’t need teammates on the climbs.”

 

訳「攻撃の唯一のポイントは、イエーツを谷(山じゃなく)で孤立させることや。イエーツが登ってるときは、イエーツはチームメイトを必要せーへんしな」

 

つまり、攻撃の鍵は本格的な登り以外の部分やと考えてるわけやね。

 

もしイエーツの調子が万全ならば、現状では登りで最強であるイエーツには攻撃が効かへん。ならばチームメイトの力が必要となる、いいかえれば、空気抵抗の軽減が重要または一人では対処しきれない区間で攻撃をしかけるほうが有効やと。それはすなわち、登り以外の平地・谷(アップダウン)の部分やというわけやね。

 

以上のように、まだまだチームSkyとフルームは優勝の可能性をあきらめてへんみたいやね。そしてもしこの監督の言う通りならば、Skyは第19&20ステージにおいて、登り以外の区間で攻撃をしかける、あるいはその伏線を張るはず。チームメイトを先行(逃げ)させたりしてね。そうして、ミッチェルトンスコットのアシスト勢の脚を削り、チームがイエーツを守れなくなるようにするやろね。

 

もちろん、フルームの順位上昇を防ぎたいのは、デュムラン(大)もポッツォヴォーヴォも同じやから、チームSkyの作戦がそんな簡単にサクっと決まるわけやないし、ピノーの表彰台を狙うFDJもおるからね。それにしても、TREKは昨日も一体何をしたかったのかさっぱりわからんわ。

 

(本日のおまけ:Voxの炭酸水なくなったから、また注文。前はコーラフレーバーだったから今回はレモンフレーバーのこれ、Amazon:VOX ヴォックス 強炭酸水 レモンフレーバー 500ml×24本。Voxのはウイルキンソンよりちょっと安い。ちょっとウイルキンソンより炭酸は弱いけど、それでもその他の製品と比べれば強いほう。なのでおすすめ。フレーバーもいくつもあるしね。Amazon:VOX ヴォックス 強炭酸水 レモンフレーバー 500ml×24本

 

 

2018ジロ第18ステージ感想:28!ついにきた!そして第19ステージのコースがヤバい!その概要・特徴。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



[Sponsored Link]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK