Loading...
ニュースパーツ・工具類

フルームはジロの途中でサドルを変更していた。使ったのは非スポンサーの意外なあの有名ブランド。フルームが使ったサドルとは?

チームSkyとフルームとジロ

 

情報源:Chris Froome swaps saddles to find vital pain relief at Giro d’Italia

 

つい先日終わったばかりのジロ・デ・イタリア。総合優勝はもちろんチームSkyのクリス・フルーム。ジロ序盤の調子は低調、しかし中盤あたりから少しずつ調子が上向きに。そして、3分以上の差をひっくり返す歴史的かつ決定的な攻撃を成功させたのが、第19ステージ。これは感想を書いた。

 




 

2018ジロ第19ステージ感想:伝説が生まれた日と孤独。

 

この単独80㎞の逃げが成功した要因はいろいろある。登りの過酷さなどコース設定、チームSkyのチーム力の圧倒的強さ、作戦の巧妙さ、追走グループが本気じゃなかったことなど複合的要因によるもの。

 

そしてその要因の中に、わりと重要だったかもしれない要素がある。それはフルームがそのステージで使ってたサドルや。

 

 

 

フルームが2018ジロで使ってたサドルについて

 

チームSkyとフルームとジロ
From Team Sky Twitter

 

①フルームの普段のサドルは、Fi’zi:k Antares

 

普通、フルームはサドルとしてFi’zi:k(フィジーク)のAntares(アンタレス)を使ってる。ちょっと細めで長いサドル。で、↑の画像みたら、けっこう前下がりのセッティングしとる。楕円ギアとの関係もあるんかもしれへんね。「力のかかり方」を重視?

 

Fi’zi:k Antaresはこんな感じのやつ。

参考:FIZIK (フィジーク) 2016 レースエディション ツール ド フランス アンタレス R3 カーボンレール サドル 0328820001 7483SXSB79F48(Amazon)

 

もちろんFi’zi:kはチームSkyの公式スポンサー。そして実際上もここ5年間ずっとフルームはこのサドルを愛用し、特に問題はなかったんや。

 

ところがや、ジロ第1ステージは個人TTやったけどその試走でフルームは落車しとったやん?どうやらそれがアカンかったらしい。その落車のせいで、なんでか知らんけど、このサドルが合わなくなったようや。痛みに悩まされるようになった。落車がきっかけ?ホンマかいな?そんなことあるんか?あるんやろねぇ。

 

そのため、ジロの途中でサドルを新しいのに変更した。何に変更したか?たぶんワシも含めておまえらにとっても意外なブランドのやつやと思う。

 

ずばり、Specializedや。

 



 

 

②Specialized S-Works Powerへ変更

 

チームSkyとフルームとジロ
From Team Sky Twitter

 

フルームがジロ途中に変更し、決定的アタックを決めた第19ステージでも使ってたのは、SpecializedのSpecialized Power サドル

 

歴史的にも現代でもプロがサドルに関して、スポンサー以外のサドルを使うのはちょこちょこあること。やっぱりサドルってのは、一番重要な「嫁」であり「恋人」やからね。ちょっとでも合わへんともうアカン。なんせプロは毎日レースやからね。しかも1日200㎞以上とかザラ。

 

ある日突然合わなくなったFi’zi:kのAntaresの代わりに選んだのは、まさかのSpecialized。意外やない?てっきり同じFi’zi:k社の別シリーズかと思ったら、Specializedよ。もちろんメカニックが必死になってSpecializedのロゴを消した。ご苦労さん。

 

Specializedといえば、おまえらの知ってる通り、ワールドツアーではクイックステップとBoraのスポンサー。一方でチームSkyはバイクがずっとPinarelloやから、Specializedというイメージは全くなかった。だから、ワシにとっては予想外。おまえらどう?

 

このSpecialized のS-Works Powerサドルはこんな形状。

 

参考:SPECIALIZED(スペシャライズド) POWER ARC(パワーアーク) サドル(Amazon)

 

特徴は全長が短いこと。これによって、会陰部への圧力や擦れを圧倒的に軽減できる。しかし横幅が広いからケツ&コシの安定感は抜群という製品。会陰部の痛みに悩む人間に最適かもね。最近はこういう短めのサドルが増えてきたように思う。

 



 

なんでも2度目の個人TTの後に、このサドルへの変更、そしてバイクポジションの見直し・調整を行ったらしい。もちろんちゃんとUCIルールに沿って。

 

もちろんシャモアクリームも併用。チームSkyのシャモアクリームは、四肢の切断手術の分野における専門家に協力してもらい特別に開発したもの。はえ~すっごい。

 

このSpecialized S-Works Powerサドルへの変更とポジションの変更とが、快適さとパワーを向上させ、そしてあの第19ステージでの伝説的逃げ切り勝利につながったんかもしれへん。

 

なおチームSkyはこのサドル変更に関してはノーコメント。ま、そらそうやね。

 

「うちのスポンサーのFi’zi:kのサドルはアカンわ。ライバルチームのSpecialized最高!」とは言えへんしな。

 

(今日のおまけ:ワシが愛用してるシャモアクリームはMuc-Off Chamois Cream 250ml – NEW by Muc Off(Amazon)。量も多いし、塗りやすい。肌がめっちゃ弱いワシでもなんの異常も違和感もない。効果の持続力もなかなかのもの。化粧品ぽい匂いが強いか。Wiggleだとセールでけっこう安いときがある→Wiggle:Muc-Off Luxury シャモアクリーム (250ml) RaphaやAssosのやつよりもずっとおススメや)

 

2018ジロ第19ステージ感想:伝説が生まれた日と孤独。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



[Sponsored Link]






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK