Loading...
ニュースロードバイク

Trekの2019年モデルMadone Discか?2018年モデルとの違いは?

2019年モデル?のTrek Madone Disc。

 

さっきはSpecializedの2019年モデルであろうS-Works Vengeについて書いたけど、今度はTrek Madoneの2019年モデルかもしれないバイクの話。

 

Specialized 2019年モデルのS-Works Vengeか?2018年モデルとの違いは?




 

 

2019年モデルのTrek Madone Discか?現行との違いは?

 

①新型?2019年モデル?のTrek Madone Discの画像

 

さて、以下各種SNSでの画像をみてもらおう。

 

 

うーん、よくわからない?

 

一方、現行Madone(ディスクじゃないほう)はこんなの。Madone 9.9ね。

 

Trek Madone 9.9
Trek公式サイトより。Madone 9.9。© Trek Bicycle Corporation 2018

 

上記SNS画像でも現行でもクソデカロゴは同じ。でもよくみればやっぱり違うところがちょこちょこある。

 




 

 

②現行のMadone 9.9との違いは?

 

さて、ちょっとこれらSNS画像と現行のMadone9.9を並べてみる。

 

2019年モデルか?TREK Madone Disc
上記SNS画像より

 

画像上段←側が現行Madone9.9(リムブレーキ版)ね。それ以外は2019年モデルかもしれない新型(?)Madone。

 

今回ドーフィネで走ってる新型(?)Madoneは、ディスクブレーキ仕様。だからこその違いもある。

 

第1に、やはりフォークが太くなってるように思える。これはディスクブレーキの制動力に耐えうる剛性を確保するためやろね。

 

第2に、つぎにダウンチューブのクソデカロゴが新型(?)だとさらにデカくなってるように見える。実際でかくなってるはず。

 

第3に、エアロシートポストが違うね。現行よりもシートポスト全体の一体感が増してるデザインになっとるね。形状が同じかはちょっと画像ではわからんけど、サドルへとつながる部分を含めて全体的な一体感は新型のほうがあるね。

 



 

第4に、ステムとハンドルの一体感の向上というか、よりエアロ性能を向上させたようなステム&ハンドル回りになっとるね。コクピットの空気抵抗軽減というか。その設計・造形の変更にあわせて、たぶん同時に、ハンドルやステムの高さ調整の便宜を図るため、またケーブル処理どうこうのメンテナンス性を向上させるため何らかの工夫が新たにされてると思う。

 

第5に、チェーンステーのリアエンド周辺の造形もディスク採用のせいか異なってる。チェーンステーもびみょーに太くなったか?どうやろ。ちょっとそれは画像からではよくわからんね。

 

あと全然わからんけど、ひょっとしたフォークの上部であるフォーククラウン周囲の造形・設計もちょっと変わってる可能性もある。さっきのSpecialized S-Works Vengeの新型みたいに。でもこれらの画像だけでは全くわからん。

 

ま、画像でみてわかるのはこんなとこかいな。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速

Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK