Loading...
ニュース

UCIが問題視。ロット・ソウダルの使用した特別なジェル「Speed Gel」について調査開始。ジェルの効果とは?

ロット・ソウダル

 

さっきの記事でもドーフィネ関連のネタを書いたけど、今回もドーフィネ関連。今年のドーフィネのチームTTにおいて、ロット・ソウダルが使用していた特別なジェルが問題になっているもよう。UCIがその件について調査開始とのこと。

 

情報源:UCI launches investigation into special aerodynamic gel used by Lotto Soudal at Critérium du Dauphiné

 

 

 

なぜUCIが、体に塗るジェル「Speed Gel」を調査するのか?そのジェルの効果とは?

 




 

ロット・ソウダルがチームTTで使用していたジェルは、Speed Gelと呼ばれるもの。少なくともチーム内で4名がこれを体に塗布してたらしい。

 

その4名とは、

 

  1. Thomas De Gendt
  2. Jelle Vanendert
  3. Victor Campenaerts
  4. Jens Keukeleire

 

とのこと。

 

ワシはドーフィネを全く見てないから知らんのやけど、ひょっとしたら実況とか解説者がなんかこれに気づいて言うてたりした?あるいはおまいら気づいてた?

 

ところで普通のジェルって、こう液体状やん?ぬべ~っと体に塗るわけで、全体的に均一に液体というか固形というかジェルが体を覆うわけやん。せやけど、このSpeed Gelは違う。いや違うことはないんやろうけど、小さな固形物の球体が肉体の表面に残るんよ。

 

 

なんやろ、イメージとして近いのは洗顔フォームとかに入ってる汚れを落とすためのスクラブ粒子?みたいなやつあるやん。あれのでかい版。まぁ洗顔のやつは洗って落とすわけやけど。こっちは「あえて肉体に固形物を残す」使い方。そう、あえてね。ケイスケホンダなわけですよ。

 



 

で、それなんのために?

 

実はチームTTで使ったことからわかるように、それはエアロ性能を向上させるためなんやね。空気の流れをうまいこと調整する働きをそのジェルの突起状の部分が担うわけ。ほんまに効果あんのかよ。もう何でもありやな。業界はエアロ性能向上といえばなんでも商売のネタにできると思っとるやろ。

 

そしてUCIの規定では、必要不可欠なウェア類以外はつけたらアカンということになってる。いらんもんつけたらアカンというルール。

 

今回のSpeed Gelはそのいらんものに当てはまるかもしれへんというわけやね。

 

たしか、以前に去年のツールやったかな?チームSkyが使ってたTT用ウェアの上腕部分に空気の流れをどうこうさせる目的で小さな凸凹というか突起物がついてて、それが問題になったことがあった。

 

チームSkyのTTスキンスーツはUCIルール違反?効果はあるのか?スキンスーツの突起物(パネル)について。

 

結果どうなったんか知らんけど、チームSkyのこれがOKやったんやから、今回もOKちゃう?知らんけど。

 

(今日のおまけ:塗っても速くはならへんけど、運動後のマッサージ用ジェルってのもあるんやね。疲労回復を速めるやつ。DESCENTE(デサント) スポーツ用 マッサージ クーリングジェル チューブタイプ DAT-8003とか、ファイテン(phiten) リラックスジェル b 110g 1012EY170000とか)

 

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



[Sponsored Link]






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK