Loading...
ニュース

シクロ王者ファン・アールトがバーレンメリダへ移籍か

 

シクロクロスの王者にして、今春のクラシックシーズンにロードレースにも参戦し、好結果を残したワウト・ファン・アールト(Wout Van Aert)。

 

その彼に対して、バーレンメリダが契約のオファーを出しているもよう。

 




 

情報源:Bahrain-Merida lead the hunt to sign Van Aert

 

まず、バーレーンメリダはおそらく夏の終わりごろに現BMCのロハン・デニスが移籍することを発表する予定。デニスの移籍が確定すればバーレーンメリダとしてはニバリに並ぶ総合系エースを増強できる。もうニバリも34歳?35歳?や。そろそろ総合エースを張るのもしんどくなってくるころ。そこで、次期エースとしてロハン・デニスへ期待というとこやろか。

 

そして今回の報道どおり、ファン・アールトがやってくればいまいちクラシックでは影の薄いバーレーンメリダにも、安定感のあるクラシックライダーを補強できることになる。ひょっとしたらそのうち正式なクラシックエースとして君臨するかもね。若さ&実績&才能&実力の全てを兼ね備えた選手やしね。

 

情報源記事で、バーレンメリダ側はこう言う。

 

“We’ve made an official proposal, and we’ve made everything official that we can do in terms of getting him on board,”

 

訳「チームとして正式なオファーを出した。ファン・アールト獲得するために公式に最大限の努力をしとる」

 



 

“He’s still got a contract for 2019, so it’s a bit complicated from an administration standpoint with the cyclo-cross season. Whether it happens next year or not, I don’t know but we’re working on getting him onto the team. I feel confident given the way things have gone so far, but they’re just my sensations.”

 

訳「まだファン・アールトは現在のチーム Veranda’s Willlems-Crelanとの契約が残ってるんよ。2019年までな。せやから事情はちょっと複雑や。チーム側からすればシクロクロスシーズンとの兼ね合いもあるしな。来年まで待たなあかんのかどうかもわからんけど、とにかくチームとしては鋭意努力中や。ただワシとしては、これまでの展開を考えると感触はええんよ。ま、ワシの感覚にすぎひんけどな」

 

From Wout van Aert Twitter

 

で、ファン・アールト本人もやはりワールドツアーチームに所属してロードレーサーとしてのキャリアを望んでいるもよう。それは長期的な将来を見据えてのこと。これはたとえシクロクロスで大金を稼げたとしても、やはりロードレースのほうにお引越ししたいとの気持ちがある。

 

で、情報源記事では、もうすでにこの移籍話は「もしかしたら」というレベルではなくて、「契約がいつ交わされるか」というレベルにまで達してるもよう。つまり、契約することはもう決まってて、あとはそれがいつになるかだけという段階にまで熟してるようや。

 

あぁちなみに、ニバリは2020年までチームとの契約を延長する予定とのこと。

 

Wiggleでサマーセールやってるで→最大60%OFF:Wiggleサマーセール

 

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK