Loading...
レース感想・レビュー・インプレ

2018ツール・ド・フランス第17ステージ感想:強いやつが帰ってきた!フルームが下りで警察車両と落車事故!チームSkyリーダーがついに決定か!?

2018ツール・ド・フランス第17ステージ

 

さて、今年のツールを代表する特徴的な第17ステージ。レース内容とは関係のない感想を先に言うと、これぐらいの距離とレース時間が一番、見てて楽やし、見やすいブヒね。ロードレースマニアからしたら、最初のアタック合戦も視聴できるチャンスが増えて嬉しいやろね。普段の放送やと時間の関係でスタート前と直後の様子はカットされるからね。

 




 

 

2018ツール第17ステージ感想

 

① グリッド式(F1式)スタート

 

 

こんな感じで並んだ。

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)
2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

お?新鮮な光景。

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

こっちのスタート方式のほうがかっこよくない?

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

だいぶ後方がわちゃわちゃしてる。

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

シグナルレッド!

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

シグナルグリーン!スタートじゃあああああああ!

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第17ステージ。グリッドスタート(F1式スタート)

 

やっぱりいつも通りの普通のスタートやんけ!

 

レース展開や内容という点ではこのスタート方式になんの意味もなかったけど、見た目とう点では新鮮で良かったと思う。むしろこっちのほうがマイヨジョーヌが際立ってかっこいいような気もした。毎回これでええんとちゃうか?

 

あと思ったことやけど、やっぱり次にこのスタート方式を採用するなら、やっぱりタイム差をつけてスタートさせるほうがええと思うね。選手ごとではなくてチームごとにスタートしていくよいうにして。総合1位の選手のチームがスタートして、その後、1分とか2分つけて総合2位の選手のチームがスタート、以下同様に。みたいな。そのほうがそのステージより前のステージで争いが激化するかもね。どうやろね。さすがに考えが単純すぎるかね。

 

毎回やる必要ないけど、どっかでいっぺんだけそういうのやってみたらどうやろね、とは思ったね。おまえらも同じこと思ったんとちゃうかな?

 




 

 

② チームSkyの事情:フルームとG、そしてフルームが下りで警察車両によって落車事故

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
From Team Sky Twitter

 

さて、結果を書くとフルームが遅れたわけやけど、その姿を見て思ったことがある。精神力という力について。

 

フルームは、自分が唯一のリーダーとして奮闘しなければならないという環境から、Gがいるし自分がダメでもGが頑張ればいいという環境へ変化したわけで、これまでと違うその環境の変化によって、心に甘さが出たのか?

 

なんとしてでも遅れてはならないという必死さがなくなったとも考えられる。追い込まれた状況になれば人はすごい頑張りを見せるけど、今年のツールは自分の代わりにGがいるという、ある種の甘えが心に生まれているのではないか?

 

なんかそんな感じしたね。

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
From Team Sky Twitter

 

ベルナルがゴールまでフルームのアシストしてたから、チームとしてフルームを切り捨てる作戦だったとは考えにくいからなおさらね。とにかく、このステージでフルームのツール5勝目の可能性はかなり少なくなったと言える。消滅したとは言いすぎかもしれんけど、それに近い状況にはなったね。ジロのようなとんでもないロングアタックを繰り出せば話は別やけど。デュムラン(大)とかがGをマークするこの状況ならば、ジロのときよりもアタックは決めやすいかもしれへんからね。ま、無いか。

 

で、そんなフルームやけど泣きっ面に蜂。悪いときに悪いことが重なるのはよくあること。

 

 

今日のレースは山頂フィニッシュやったから山頂から選手たちは往路を引き返して下っていかなあかん。チームバス止めるスペースないからね。山頂は狭いし。そこでフルームもインタビューをいろいろ終えた後にボディガードとともにダウンヒルしてた。同時に遅れてた選手がまだまだ登ってきてた。

 

ところが、警察がそんな二人を「まだ登ってる選手たちにちょっかいをかけようとする迷惑なファン」だと誤認し、止まるよう警告。警察が実際にどんな行動に出たのかはわからんけど、それが原因でフルームは落車。まぁ怪我なかったみたいやけど。

 

ところで、もしもチームSkyのGが今年のツールを制覇したとしたらチームSkyは今年のツールについてどう総括するんやろね。つまり、以下の2つのどちらを選ぶのか?

 

  1. ダブルエースにしたからチームSkyが優勝できて、Gが優勝できたと考えるの
  2. ダブルエースにしたからチームSkyが優勝できたけど、フルームが優勝できなかったと考えるのか

 

どっちなんやろね。たぶん各種データを考察して結論を出すと思うんやけど、今年のツールをどういう風に評価するのか。ちょっと気になるね。

 




 

 

③ モビ☆スタの事情:ランダとキンタナ

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
From Movistar Team Twitter 強い村長が帰ってきた!

 

今日はコロンビア村の村長がやってくれたね。強い村長が帰ってきた!故郷の山を思い出したか?王の帰還か?

 

でもまぁ今年のツールも前評判通りというか、予想通りというか、相変わらずモビ☆スタはチームSkyに全く敵わないまま最終週。ツール前から最悪の鬼門と考えられていた第9ステージの石畳戦争を、「期待を裏切って」または「予想外」に無難にこなしたモビ☆スタ勢。そのときファンが感じた、「あれ?今年もしかしてイケるのか?」という雰囲気は一体どこにいったのか……

 

しかしこのステージではキンタナが残り15㎞あたりから果敢にロングアタックを決めた。ランダはチームSkyが支配する集団に残ってずっとフルーム&Gの抑え役に。実際にどれだけの役にたってたのかはわからんけど。

 

2018ツール・ド・フランス第17ステージ
From Movistar Team Twitter

 

このキンタナとランダのいわば役割分担についてはいろいろ考えられたけど、今はもうキンタナがエースということでええんかな。トリプルエースとはいったい何だったのか……

 




 

 

④ その他とまとめ動画

 

チームSkyの新人ベルナルはやっぱりすごいね。

 

あと、Gを見てると今年のジロでのサイモン・イエーツの好走が重なって見えるわ。だからといって、Gがいきなり崩れるとは思えへんのやけどね。なんつーか、ゴール前で加速する姿とか見てるとね。似てるなと。

 

あと、アラフィリップはだいぶ気分ええんやろね。なんかいろいろカメラ前でアクションしてくれて好き。

 

 


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK