Loading...
ニュース

Mavicがアルミホイール製造を縮小か。上半期の売り上げが前年比割れ。経営の軸をカーボンホイールへ。

 

情報源:Mavic’s legacy aluminum wheel business weighing down Amer’s cycling results, CEO says

 

Mavicといえば言わずとしれたホイールブランドの雄。イメージカラーというかコーポレートカラー?は黄色。このMavicの経営の実権を握り支配してるのが、親会社のAmer Sports。そしてこのAmer Sportsは、カーボンホイールブランドの雄Enveも所有してる。ま、いうてみればMavicもEnveも同じグループというわけ。

 

今回はそのMavicの上半期の売り上げと今後の経営方針について。

 




 

 

Mavicの2018年上半期の売上と、その傾向。

 

①売上は前年比13%ダウン

 

まず2018年上半期におけるMavicの自転車部門の売上は、前年同期と比べて13%ダウン。金額にして6000万ユーロ(7000万ドル、77億5000万)の低下となった。2018年第二四半期という点では、前年同期から11%ダウン。

 

 

 

②その原因

 

で、なんでそんなに売上が下がったのかというと、Amer Sports社はこう言う。

 

“Cycling continued to be adversely impacted by lower OEM orders and low demand in wholesale channel,”

 

訳「ここんとこずっと低価格のOEMブランドのホイールがイケイケなのと、卸売業界の需要が低かったせいやな」

 

この2つの理由を挙げてる。

 

おまいらもWiggleや海外通販とか見てて気づいてると思うけど、ここ最近、聞いたことない新興ブランドのカーボンホイールがやたら増えてるやろ?そんな感じでOEM製品が市場に出回りことが増えてきたから、より安い製品の人気が高いんやね。

 

まぁ自転車屋の店長が言うには、やっぱり安いものはそれなりらしいけどね。でも乗れないレベルのホイールはなくて、ちょっとだけ重量バランスがおかしくて前後左右にブレが出やすいとか、オモリをつけての調整が必要だとか、そういうレベルの「それなり」らしいけどね。でも、一流ブランドのカーボンホイールでもそういった重量バランスのバラつきってのはやっぱりあるから、「程度の差でしかない」と言うてたね。さすがにあまりにもくっそ安い製品はアレやけど。

 

そんなこんなで、カーボンホイールを例にとって話したけど、OEM製品によって特に「Mavicのアルミホイール」が大きな影響を受けてるとAmer Sports社は考えているわけ。

 




 

 

③ Mavicで伸びている分野

 

一方、売上を詳細に見れば伸びている分野もある。

 

  • アパレル
  • ヘルメット
  • カーボンホイール
  • BtoC ビジネス

 

などを、Amer Sports社CEOは成長分野として挙げてる。なお、最後のBtoCってのは、企業対消費者間取引(Business to Consumerの略)のことね。まぁてきとーに言うと、オンラインショッピングのことよ。従来はMavicは自転車屋に対してホイールとか売ってきたからね。直接ユーザーに売ってたわけとちゃうからね。

 

 

 

④ビジネスモデルの構造改革待ったなし!経営の重心をカーボンホイールへ

 

で、注目してほしいのは上③で書いたように、カーボンホイールが伸びているということ。上述の全体における売上の低迷とアルミホイールがOEM製品によって攻勢にさらされていることとを考慮して、Amer Sports社CEOはこう言う。

 

we are managing down that capacity and we continue to do so because the demand is clearly shifting to carbon. We were right getting into carbon, we are heavily there, but of course that legacy side is still weighing on our result.

 

訳「ワシらは、アルミホイール製造能力を縮小させてる真っ最中やし、今後もそれを継続するで。なんでかいうたら、明らかにホイール人気がカーボンへシフトしとるからや。ワシらはうまいことカーボンホイールへ注力してきたし、今はカーボンホイール市場で存在感を持っとる。でももちろんアルミホイールも経営の数字上はまだまだ大事やけどな」

 

というわけで、アルミホイールもちゃんと利益を生みだしてくれてるわけで、それをやめるわけやないけど、やっぱり市場のトレンドにあわせてカーボンホイール製造・販売の方へと経営の軸を移し、そして上記③で書いたようなオンラインショッピングでのアパレルなどの販売に力を入れる方針になるやろね。

 

上述のようにAmer SportsはMavicもEnveも所有してるけど、他にも、

 

  • Salomon
  • Arc’teryx
  • Suunto

 

といったブランドを所有してるで。

 

Arc’teryxは以前からこのリュックが大人気やね。街中でこれ使ってるやつめっちゃ多いやろ?見たことあるはず。

[アークテリクス] ARC’TERYX Arro 22 BLACK 6029 【並行輸入品】

 

Suuntoはワシが昔からこういうスポーツ用GPSウオッチで有名。Garminのライバルやね。

スント(SUUNTO) 腕時計 スパルタン スポーツ リストHR オールブラック 10気圧防水 GPS 心拍/速度/距離/GPS高度計測 [日本正規品 メーカー保証2年] SS022662000

 

前から書いてるように、ワシはランニングやロードバイクでSuuntoの時計を使ってるで。ハンドルには何もつけない派。ま、そのうちアレが日本で普通に販売されたら買おうとは思ってるけど。アレをね。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK