Loading...
ニュース

2018ツールのモータードーピング検査の結果

 

情報源1:UCI finds no evidence of mechanical doping at the Tour de France

情報源2:UCI tested bikes for motors more than 3,000 times during Tour de France

 

さて、今回はモータードーピング・メカニカルドーピングのネタ。

 

 

 

2018ツール・ド・フランスとモータードーピング検査

 




 

 

①検査体制と検査の回数

 

From UCI Twitter

 

UCIは隠しモーターなどを発見するため、3種類の検査を併用してた。それは、X線検査、磁力検査、そしてサーマルスキャンの3つや。ま、それぞれについては別に説明する必要はないやろね。各検査は、おまいらのイメージする通りのものや。

 

なおX線検査については以前記事にしたけど、こんな機材を使って行う。見といて。

 

【モータードーピング】UCIが隠しモーター対策を発表!最新鋭の秘密兵器を導入。

 

で、今年のツール全日程における検査の回数は3016回にも及んだ。単純計算で1ステージごとに約150回やね。

 

この全3016回のうち、2852回は毎日のステージが始まるレース前に毎日行われた。プロトンの大部分のバイクが対象。

 

一方、「3016 – 2852 = 164」回のついては、レース後に上過去記事でのX線検査機材を使用して検査された。だいたい毎回のステージごとに5台から10台が対象。そしてチームSkyのGこと、総合優勝したゲラント・トーマスのバイクについては11回検査された。

 

なお、今年のジロ・デ・イタリアでは1500回の検査が行われた。それに比べるとツールではほぼ倍の規模の検査となったわけやね。この点、どれだけUCIが本気だったのか、ツールのロードレース界における大きな価値を守ろうとしてたのかを推察できるね。例のサルブタモールどうこうでUCIの対応もかなり非難されたしね。UCIのメンツもかかってたやろうしね。

 

でも、2016年のツールでは3773回の検査があったようやから、それに比べると減っとる。あれ?

 

 

 

②結果

 

オールOK!つまり全員シロ!陰性!やったぜ。

 

愚か者はいなかったようやね。

 




 

 

③モータードーピングに対する今後のUCI方針

 

From UCI Twitter

 

さて今後のUCIのモータードーピングに対する対抗策として、現在開発中の秘密兵器がある。

 

フランスには原子力・代替エネルギー庁という政府機関(French Atomic and Alternative Energies Commission)があるんやけど、その関連の研究所にCEA Techという国立の研究所があるんや。そこと提携して開発してるものがあるんよ。

 

それはプロトン内部のロードバイクに設置できるような小型のマシン(?)で、フレーム内部に隠されたモーターを発見できるものらしい。ようわからんけど。

 

でも簡単に設置できるんやったら、簡単に外せるやろうし、そんなん外したら終わりやと思うんやけど。まぁもちろん外したらアカンというルールになるやろうし、罰則もあるんやろう。ひょっとしたらバイクのフレーム内部の情報を記録する機械なのかもしれんね。何時何分にどういうふうにフレームが「いじられたか」を記録できるとか。飛行機でいうブラックボックスみたいなもんかね。どうなんやろね。これちょっと興味あるね。実物見てみたいね。おまえらどう? 人間でいえば、今はやりの運動のログを取れるスマートウォッチみたいなもんやろかね。

 

Wiggleでサマーセールやってるで→最大60%OFF:Wiggleサマーセール

 

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK