【ロードレース移籍・契約】Lotto-SoudalにAqua Blue SportのAdam Blytheが移籍。実はAdamは…





 

BMCと同様に今年限りで消滅決定のアイルランドのプロコンチネンタルチーム、Aqua Blue Sport。選手&スタッフは来期への移籍契約に奔走中。

 

 

しかし、上記過去記事のように今現在、プロコンチネンタルからワールドツアープロチームへの飛躍が決定した選手もいる。ちなみに、その中の一人、Eddie DunbarはすでにチームSkyの一員としてレースに参戦。いきなりなんかのレースで優勝してた。

 

さて今回は、Aqua Blue Sportからワールドツアープロチームに移る最新の一人、Adam Blytheについて。

 




 

 

Adam BlytheとLotto Soudalとの縁

 

まずはLotto Soudalの公式Twitterを。

 

 

このTwitterで、「again」という単語が使われてるのがわかるかな?アゲイン。24時間戦えますか?はリゲイン。

 

実はAdam Blytheは……今のLotto Soudalの前身(?)ともいうべき、Silence Lottoにかつて所属してたんやね。ただし育成扱いで。当時の写真がこれ。

 

 

Silence Lottoといえばグルペット会長ことロビー・マキュアンやけど、Adamは育成チームやったから面識があったのかは不明。

 

というわけで、実質的には移籍というか出戻りという感じ。本人も懐かしい気持ちがあるんちゃうかね。どうやろね。

 

Adamは今回の移籍についてこう言う。

 

‘Besides my role in Ewan’s lead-out, Lotto-Soudal can also count on my support in the Classics. Even though I didn’t ride a complete Classics season for the last two years, I did ride those races many times before during my time at the other WorldTour teams.

 

訳「カレブ・ユアンをリードアウトする役割に加えて、Lotto Soudalはクラシックレースでのワシの役割にも期待してくれてる。たしかに過去2年間はクラシックレースでほとんど走ってなかったけど、それまでは何度も走ってきた経験がある。せやからワールドツアーチームでもヘーキヘーキ」

 

というわけで、新チームでの役割は2つ。

 

1つ目は、ゴリラことアンドレ・グライペルを放出したチームで、グライペルに代わりエーススプリンターを務めるユアンのために、トレインを組むこと。

 

2つ目は、クラシックレースでアシストをすること。

 

なおこのAdamy Blytheは、Aqua Blue Sportが使ってた3TのフロントシングルバイクStradaについて「クソ」という批判をしていた人物でもある。これはちょっと前に記事にした。

 

 

その他、Aqua Blue Sport関係の過去記事はこんなのも。

 

 

【Wiggle】Prime カーボンホイールがさらに 10%オフのバウチャー配布中:Primeカーボンホイール一覧

 

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]


[wiggle]



Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください