Loading...
ウェア・シューズ・バッグ・グッズ類初心者向け記事

ジレ(ベスト)とウインドブレーカー。どちらを先に買うべきか?それぞれのメリット・デメリットは?

ロードバイクのジレとウインドブレーカー





 

さて、今回はロードバイク初心者のための記事や。

 

最近めっきり朝夕の温度が下がってきた。紅葉が燃ゆる季節はすぐそこに。そして同時も冬もすぐそこに。もう今年も終わるのか……(困惑)。歳とると一年がほんまに早いな。そのうちワシも100歳になってそう。

 

さて、そんな秋・冬のロードバイクに必要なマストアイテム。それがジレ(Gilet。いわゆるチョッキ・ベスト)とウインドブレーカー。

 

今日はその2つのアイテムについて、使い分けの方法と、そしてどちらを先に購入すべきかについて、ブタが語るブヒ。

 




 

 

(1) ロードバイク用のジレとウインドブレーカーの概要。それぞれのメリット・デメリットは?

 

①ジレってなんじゃい?どれくらい役に立つのか?メリットとデメリットは?

 

 

ジレというのは英語(?)でgilet。日本語でいういわゆるチョッキとかベストとかいうやつ。袖がない防風ウェアのこと。たとえばこういうの。

 

selle sanmarco(セラ サンマルコ) レーシング ジレ ブラック Mサイズ GIL001M

 

ジレってのは、いくつか例外的な製品もあるけど、基本的には薄い。ペラッペラ。でも、あるとなしでは大違い。

 

なんで薄いのかと言えば、それで必要十分やから。どういうことかというと、薄さのメリットってのは以下の点がある。

 

  1. 軽い。
  2. 畳んでもコンパクト。つまりジャージのポケットにスポっと入る収納性。
  3. 袖もなく、薄いゆえに通気性があり、熱がこもりにくい。つまり無駄に汗びしょびしょになりにくく快適性をある程度は確保できる。

 

他にも多少あるやろうけど、軽量・コンパクト・快適という3大メリットがあるんや。

 

特に秋は1日の寒暖差が激しい。朝夕は寒いのに、昼間は汗だく。一方、山にいくと登りで掻いた汗が長い下りで冷えてやはり寒い。夏の山は涼しくとも、秋の山はもう寒い。

 

そんなときに直接胴体に風をあてないジレが大活躍するんや。

 

軽量・コンパクトゆえに、ジャージのポケットからサっととりだして、しかも袖がないから時計とかしててもサクっと着られる。腕をウェアに通すためにゴソゴソする必要もない。この円滑な脱着という機能性もジレのメリット。

 

とにかく使いたいときにサクっと使えるのがメリット。

 



 

そしてその効果は絶大ブヒ。ちょっと肌寒い程度の気温ならば、薄っぺらいジレで十分な保温効果、防寒効果が得られる。これは本場ヨーロッパのプロの選手でもヨーロッパアルプスなどの長い下りの前にペラッペラのジレを着こむのが当たり前ということからもわかる。

 

それゆえに、ジレというのはロードバイク業界では秋冬のウェアの最大の鍵となるアイテムなんや。基本的にナイロンやから、1度買ってしまえば、長く使えるし、雑に扱える。落車とかせんかぎりは。

 

あと、夏のウェア装備にジレを1つ足すだけという経済性もメリット。夏装備にジレだけ足せば秋はなんとかなる。秋は。もちろん春先も使える。

 

ジレのデメリットについては、以下のウインドブレーカーのメリットを参照。基本的にはウインドブレーカーのメリットがジレのデメリットとなる。いわばコインの裏表。

 

Amazon:ロードバイク用ジレ商品一覧

Wiggle:ジレの一覧

 

 

②ロードバイクのウインドブレーカーはどうなの?メリットとデメリット。

 

 

上記ジレと違いウインドブレーカーは、ロードバイク用じゃなくてもユニクロとか普通のファッション用アイテムとしていろんな会社から売り出されてる。せやからわざわざ説明するまでもない。

 

……と思うやん?

 

ところがどっこい。ロードバイク用ウインドブレーカーはそれらと一味も二味も異なる。つまり独特で、ロードバイク用に特化した作りになってる。

 

ロードバイク用ウインドブレーカーは基本的には、上のジレに袖がついたもの。たとえばこんなの。

 


(パールイズミ)PEARL IZUMI サイクリング ジャケット ウィンドブレーカー 2386[メンズ] 1 ブラック M

 

つまり、薄っぺらい。しかしそれゆえにメリットも多い。

 

  1. 薄いがゆえに軽量(ジレと同様)。
  2. 薄いがゆえに折りたたんでもジャージポケットに入る(ジレと同様)。
  3. 薄いがゆえにムレにくい(ジレと同様)。
  4. 基本的に乗車姿勢にあわせた設計。普通に立った状態で着るとちょっと窮屈。でもバイクに乗るとアラ不思議?
  5. ぴっちりフィットで風の抵抗を軽減させる設計。
  6. フードがないから、風でうっとうしいことにならない。
  7. 袖があるゆえに、防寒性能はジレより高い。
  8. 上半身全体を覆うから、短時間の雨から肉体を守りやすい。
  9. 長袖インナーと長袖ジャージと組合せて冬でもなんとかいける。

 

などなどが、ロードバイク専用ウインドブレーカーの基本的なメリットや。基本的にジレと同じような素材やから、ジレと同じようなメリットを持ってる。一方で、上記7と8がウインドブレーカーのもつジレとは異なるメリット。

 

一方でデメリットとしては、

 

  1. 袖があるから着るのが若干めんどう
  2. 袖があるからどうしてもジレよりはコンパクトにはならない
  3. 短時間の風雨から守れても、長時間の防御は難しい

 

などなど。

 




 

防寒性・防風性、そして防水性という点ではやはりウインドブレーカーのほうがやや高い。悪天候でのライドにはウインドブレーカーのほうが若干優位。

 

以上、ロードバイク用のジレやウインドブレーカーの特徴はわかったかな?

 

まぁ基本的にはジレもウインドブレーカーも一時的な防御装備。着たくなったら着て、いらなくなったら脱ぐ。これが基本的な使い方。

 

Amazon:ロードバイク用ウインドブレーカー商品一覧

Wiggle:ジャケットの一覧

 

 

 

(2) ジレとウインドブレーカーはどちらを先に買うべきか?

 

①どちらを先に買えばいいのか?

 

 

もちろん両方を同時に買えばええんやけど、やっぱりねロードバイクをいきなり始めるといろいろお金がね……。

 

そこで一時的な防寒という共通点があるならば、ジレとウインドブレーカーはどちらか一方だけでええやんとなるわけ。

 

お金の問題から、どちらかだけ買いたい。そんなときどっちを先に買えばいいのか?

 

その答えは、ずばりウインドブレーカーや!

 

理由は次に書くように2つある。

 

 

 

②なにがジレじゃ!ナイロン袋で十分じゃ!

 

 

まず理由の1つめ。それはジレの代わりになるものがあるから。

 

かつてのワシ。ジレがなかったからスーパーの大き目のナイロン袋で代用してた。それで素晴らしい効果が得られていた。今はちゃんとジレも買ったけどね。

 

上のほうで本場ヨーロッパのプロ選手のこと書いたけど、現代のロードレースでもジレの代わりに新聞紙を使う選手もまだまだいるからね。ようするにそれで十分なんよ。

 

ただ、新聞使うと汗とかで塗れてインクにじんでシャツやジャージを汚すことあるやろうし、新聞はやめとこな。ナイロン袋にしとこう。ナイロン袋を下りが始まる前に、ジャージの下から腹にいれるわけ。これでパーフェクトだ。

 

というわけで、ジレは代用品があるんよ。しかもめっちゃ身近なもので。

 



 

ん?見た目?それは気にしてはいけない。気にすべきは金だけや!それに、どうせ腹にナイロン袋いれてしまえば外からは見えへんからセーフ。

 

次に2つ目の理由。これは上②でも書いたことやけど、ウインドブレーカーならば冬でも長袖インナーと長袖ジャージと組み合わせることで「なんとか冬」に走れるようになる。つまり冬でも使えるということや。

 

ただしウインドブレーカーには普通、背中ポケットがついてないからウインドブレーカーを着てしまうと、ジャージの背中ポケットにある物が取れへん。取ろうとすれば、ウインドブレーカーをたくしあげるか、ジッパーをあけていちどはだける必要がある。

 

そのへんは冬専用ジャケットのほうがやっぱりうまいこと作ってある。でも、冬用ジャケットは高いからね。せやから、なんとかウインドブレーカーでしのぎたいところ。長袖のインナーシャツも2枚着用するとかね。とりあえず冬もなんとかいけるやろう。

 

以上の2つ理由から、ウインドブレーカーを先に買えばええという結論なんよ。

 

ジレやウインドブレーカー(ジャケット)をAmazonやWiggldeで探すなら以下のリンクから。

Amazon:ロードバイク用ジレ商品一覧

Amazon:ロードバイク用ウインドブレーカー商品一覧

Wiggle:ジレの一覧

Wiggle:ジャケットの一覧

 

 

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

携帯ポンプだけど楽にロードバイクに7気圧が可能!LANDCASTの携帯ポンプのレビュー・感想【例のポンプ系統】

 

Amazon:LEZYNE(レザイン) 3.5インチ超大型メーター採用、クラシカルなデザインのフロアポンプ CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK 【日本正規品/2年間保証】 ブラック

ロードバイクの空気入れが楽々!おすすめのオシャレなフロアポンプ「Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK」。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



Wiggle:Shimano RS80 C50

Wiggle:Kask Valegro
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:Fast Forward F6R 60mm SP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK