Loading...
ニュース

テニスのノバク・ジョコビッチがロードレースを批判!その理由は?

ノバク・ジョコビッチ

テニス界のスター、ノバク・ジョコビッチ。錦織の天敵。現時点(2018年11月16日)で世界ランキング2位。1位はナダル。いつまでナダルとフェデラーは業界に君臨し続けるんや……(困惑)

 

さてそんなテニス界のスーパースターが、いきなりロードレース界を舌鋒鋭く批判!一体何が?

 

情報源(Tennis.com):Novak Djokovic: ‘I lost a lot of faith in cycling’




 

 

ジョコビッチはロードレースの大ファンだった。しかしその情熱はやがて失望へ。一体何が?

 

①かつてジョコビッチはロードレースのファン

 

今回の批判は、Tennis.comというテニスメディアのインタビューで飛び出したもの。

 

 

View this post on Instagram

 

Uphill biking 🚵 no easy way to the top, but the only way is UP ⬆️

Novak Djokovicさん(@djokernole)がシェアした投稿 –

 

ジョコビッチは言う。

 

‘I lost a lot of faith in cycling’  

 

訳「今はもうロードレース界は全く信用してへん」

 

I used to watch it.

 

訳「昔はよく見てたもんや」

 

つまり、もともとジョコビッチはロードレースの大ファンやったんやね。大きな情熱を持ってロードレースを観戦してた。しかし、ある時点でその情熱のほとんどを失ってしまう。持っていたものが大きかったがゆえに、それを失う反動も大きかった。一体何が彼をそうさせたのか?

 




 

 

②ロードレースへの情熱が失望へ変わった原因は?

 

 

ジョコビッチはこう続ける。

 

All the big champions that were there, Marco Pantani, now Lance Armstrong. Yeah, I don’t want to say all. I really don’t know. There has been so much controversy about that sport. I’m sure that there are many cyclists in the world who are training very hard and trying to not use any enhancing drugs for their competition.

 

訳「いつも偉大なチャンピオンがいたんや。マルコ・パンターニ、そしてランス・アームストロング。でももうあんまり言いたくないわ。ワシには真実は全然わからんし。めっちゃぎょうさん論争があるわけやん。ロードレースには。思うに、世界中の多くの選手が、めっちゃハードにトレーニングしつつもレースのためにドーピングを使わないで頑張ろうとしてるわけ」

 

 

But I think it’s not acceptable that they have physically so many races in a short period of the time. I think basically every single day, day and a half, they have to go through 200 miles. Uphill, downhill in Giro D’Italia, Tour de France, that’s inhuman effort.

 

訳「でもワシは思うんよ、人間の肉体という面からするとロードレースの選手は短期間でめっちゃレースしまくってるけど、普通に考えてそれおかしないか?基本的に来る日来る日もあるいは1日半おきぐらいで、200マイル走り続けなアカンわけやん。毎日アップダウンの連続をジロやツールで走るわけ。それ、人間の肉体レベル超えとるやろ」

 

As you can see, Lance Armstrong, many other big champions, had to use something to succeed.’

 

訳「せやからわかるやろ、ランスをはじめ多くの偉大なチャンピオンたちは、勝つためには何かを使わなやってられへんかったんよ」

 

 

そう、つまりロードレース界の常識であり日常でもあった過去のドーピング事件や。これが原因で、ジョコビッチはロード―レースのファンをやめた。

 

このロードレース界のドーピングについては、アンチドーピング体制がしっかりと有効かどうかも疑問を呈してる。

 

特に、ロードレース界と同様にテニス界にも「Whereabout System」がある。今どこにいるのか報告せなアカン義務やね。テニス界のそのアンチドーピングルールにも「意味あんのか?」というてる。なんでかというと、1年のほとんどはコートにいるわけで、どこにいるかと言われてもテニスコートやんけ!となるだけやろというわけ。アホらしいと。

 

一方で、尿検査などはしっかりとやるべきやと言うてる。

 

ジレ(ベスト)とウインドブレーカー。どちらを先に買うべきか?それぞれのメリット・デメリットは?

 

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

携帯ポンプだけど楽にロードバイクに7気圧が可能!LANDCASTの携帯ポンプのレビュー・感想【例のポンプ系統】

 

Amazon:LEZYNE(レザイン) 3.5インチ超大型メーター採用、クラシカルなデザインのフロアポンプ CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK 【日本正規品/2年間保証】 ブラック

もはやインテリア?高性能かつおしゃれな、おすすめのロードバイク用空気入れ「Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK」!

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



Wiggle:Shimano RS80 C50

Wiggle:Kask Valegro
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:Fast Forward F6R 60mm SP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK