Loading...
ニュース

ニバリが警察と接触へ。一体何が?





 

先日のイル・ロンバルディアで残念ながら2位となり、連覇がかなわなかったニバリ。

 

ニバリ、ニバラー、ニバリスト。魔法の絨毯を使う行為を、「ニバる」。

 

そんなニバリが警察当局と接触!一体何が?

 

情報源:Nibali to meet French police about Tour de France crash

 

 

 

ニバリが警察と接触する理由は?

 




 

ずばり、それは今年のツールでのあの事故について話をするため。事情聴取というわけやね。

 

どういうことかというと、みんなまだ今年のツールのアルプ・デュエズステージでニバリが落車したのは覚えとると思う。第12ステージの出来事ね。

 

 

ちなみにその前日、第11ステージではカヴェンディッシュやキッテルがタイムアウト失格でさようならとなってて、この第12ステージでもガビリア含めスプリンターのみなさんのほとんどがさようなら。今年のツールもいろいろあったブヒね。

 

 

第12ステージにおける最後の登りでの落車により、ニバリは脊椎骨折。そのせいでしばらくトレーニングできず。本来ならば勝てる可能性があり目標にもしてた世界選でも全く力を発揮できずじまい。でもロンバルディアでは超ハッスルしてたから、骨折の影響は今はもうなさそうね。

 

さて、このツールでの落車やけどその原因は観客の無粋な、無思慮な行動と思われる。体を選手に寄せすぎたか。当時は山頂付近やったから観客でごった返してた。いちおうフェンスはあったんやけどね。

 




 

ツールでの事故の責任は基本的にはその主催者であるASOが最終的に負うことになるんやろうけど、ASOは自分たちに過失がない、つまり馬鹿な観客の勝手な行動が原因やと主張する可能性がある。

 

そこでまずは事故の状況について、警察と話し合いというわけやね。そのためニバリはチームスタッフといっしょに警察と会うということ。

 

チームのバーレーン・メリダ側は、「ニバリ自身は事故について別になんも言うてへんけど、選手の安全を考えれば、最近は観客が原因となるあまりにもクレイジーな状況が多すぎるやろ」と、レース主催者による対応を批判しとる。もっちゃんと観客を管理しろやと。

 

でもま、日本人ちゃうしね(お、ヘイトスピーチか?)

 

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

携帯ポンプだけど楽にロードバイクに7気圧が可能!LANDCASTの携帯ポンプのレビュー・感想【例のポンプ系統】

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



Wiggle:Shimano RS80 C50

Wiggle:Kask Valegro
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:Fast Forward F6R 60mm SP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK