なぜ、契約の途中なのにSunwebのEdward Theunsが移籍するのか?

チームSunwebのベルギー人、Edward Theuns。去年まではTrek-Segafredo。しかしその8月にチームSunwebへの移籍が発表されて、今年はこれまで同チームで走ってきた。

 

しかし、本来なら契約が残っているはずなのに契約途中で移籍することが決まった。一体何が?

 

情報源:Theuns returns to Trek-Segafredo for 2019




Edward Theunsは1年でTrek-Segafredoへ出戻り。

 

まずはTrekのTwitterを。

 

 

Edward Theunsはベルギー人というだけあってクラシックスペシャリスト。27歳。

 

せやからSunwebでもクラシックでの活躍が期待されてた。しかし落車がらみ負傷もありーのどうもパっとしない走りで不調のまま今年が終わった。

 

今回の契約途中の移籍は本人もSunwebもお互いに「未来志向」の了解をしたうえでの判断となる。

 

 

Theuns本人はこう言う。

 

“It has been a tough year for me, both physically and mentally with some crashes and bad luck,”

 

訳「この1年は辛かったわ。肉体的にも精神的にも両方や。落車とか不運が重なったし」

 

“I tried to adapt to the team’s way of working, but it didn’t really work out for me. We differ in vision so we decided that it would be best to end the contract. I now look forward to a new chapter in my career.”

 

訳「ワシとしてはSunwebの方針に順応しようとしたんやけどね、でもあんまりワシには合わへんかったみたいやね。ワシもチームもそれぞれ違うビジョンやった。せやから決めたんよ、契約を途中で終わらせるのがベストやなって。今となってはワシはキャリアの新章が始まることにワクワクしとるで」

 




 

単に落車どうこうじゃなくて、考え方の違いとか求められる役割と自分自身の描く方向性にギャップがあったんやね。

 

というわけで、慣れ親しんだメンツが揃うTrek-Segafredoに出戻り、再出発というわけやね。

 

これで、2019年のTrek-Segafredoへ移籍する選手は、

 

  • Edward Theuns
  • William Clarke
  • Giulio Ciccone
  • Alex Kirsch
  • Richie Porte
  • Matteo Moschetti

 

となる。

 

その他2019年度への移籍・契約に関する記事一覧はこちら→カテゴリー:移籍・契約

(まだ最近の記事しか含まれてないけど、少しずつこれまでの過去記事をそのカテゴリーに移していく予定)

 

そろそろ秋冬用装備を揃えようや

【Amazon】ロードバイク用ジレ商品一覧

【Amazon】ロードバイク用ウインドブレーカー商品一覧

【Wiggle】ジレの一覧

【Wiggle】ジャケットの一覧

 

ブタの激推し品を2つ。

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

 

【Amazon】LEZYNE(レザイン) 3.5インチ超大型メーター採用、クラシカルなデザインのフロアポンプ CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK 【日本正規品/2年間保証】 ブラック

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]


[wiggle]



Wiggle:Shimano RS80 C50

Wiggle:Kask Valegro
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:Fast Forward F6R 60mm SP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください