Loading...
ニュース

来年のツールはパワーメーターを全面禁止か?主催者ASOが語るその願望。

ついに昨日、来年度の2019ツール・ド・フランスのルート全容が発表されたブヒね。

 

第6ステージ斜度24%のグラベルの登りについては、先日の記事のように事前の予想どおりだったブヒね。

2019年ツールには24%の未舗装路の山頂フィニッシュ登場か?

 

で、実はツールの主催者ASO側のレースディレクターであるChristian Prudhommeが、「ASO側としてはパワーメーターを禁止したい」と述べたんや。選手たちの前で。

 

情報源:Tour de France 2019: Race director Christian Prudhomme wants to ban power meters




 

 

ツールのレースディレクター「パワーメーターを禁止したい」。狙いは?

 

①パワーメーターについて

 

コースを発表する一方で、レースディレクターのChristian Prudhommeはこう言う。

 

“We assert our desire to see the end of power meters in races, that annihilate the glorious uncertainty of sport.

 

「ワシら主催者側(ASO)としては、レース中のパワーメーター使用の終焉を希望する。パワーメーターは、ロードレースのすばらしさである筋書きのないドラマを絶滅させるからや」

 

“So we’d like to get rid of those power meters.”

 

「せやから、ASOとしてはパワーメーターを禁止したい」

 

なお、Quick StepのボスであるPatrick Lefevereや、チームSkyの監督Nicolas Portalはパワーメーターはロードレースの展開に影響を与えているわけじゃないと言う。

 




 

しかし、このPrudhommeおじさんはそんなことおかまいなしに、パワーメーターはロードレースにとって悪やと考えてるわけやね。

 

Prudhommeおじさんの狙いは、上述のようにロードレースに予測不可能なドキドキ感を復活させること。それが、2019年のツールのコース設定にも反映されてる。

 

 

Prudhommeおじさんは、今回のコース設定についてのASO側の意図を次のように説明する。

 

“Our desire is not to make things harder but to vary things. The Tour is climbing very high – there will be less HC climbs.

 

訳「ASO側としては、過酷さを追求したいわけじゃなくて、レース展開に多様性をもたらしたいわけよ。来年のツールの登りはたしかに標高という数字だけはでかい。せやけど、超級山岳は少ないんよ」

 

“However, there will be more second category climbs. Medium mountains where the race will be harder to control will be well present.

 

訳「超級山岳を少な目にした一方で、2級山岳は増やした。そういったレベルの山がレース支配をより難しくするし、レースをおもしろくさせるはずや」

 

ただ、実際のほんまに禁止されるかはまだ不明。たぶんされへんような気もするけど。

 



 

 

②ボーナスタイム導入について

 

 

山岳ステージでのボーナスタイム導入についても、UCIと相談する予定とのこと。山岳ステージのボーナスタイム導入によって、それを狙うためのアタックが繰り広げられ、レース展開がより混沌とすることになるのが期待できる。

 

もちろん有力総合勢を抱えるチームが談合して、「アホらし。無駄に疲れることはせんとこ。お前らもぬけがけすんなよ」という約束を交わして、結局たいして意味のないものになる可能性もあるといえばあるけど。

 

もうすぐ冬になるで。冬用装備を揃えなアカンよ。

【Amazon】ロードバイク用ジレ商品一覧

【Amazon】ロードバイク用ウインドブレーカー商品一覧

【Wiggle】ジレの一覧

【Wiggle】ジャケットの一覧

 

ブタの激推し品を2つ。

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

携帯ポンプだけど楽にロードバイクに7気圧が可能!LANDCASTの携帯ポンプのレビュー・感想【例のポンプ系統】

 

【Amazon】LEZYNE(レザイン) 3.5インチ超大型メーター採用、クラシカルなデザインのフロアポンプ CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK 【日本正規品/2年間保証】 ブラック

もはやインテリア?高性能かつおしゃれな、おすすめのロードバイク用空気入れ「Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK」!

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



Wiggle:Shimano RS80 C50

Wiggle:Kask Valegro
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:Fast Forward F6R 60mm SP

5 comments
  1. yoshimotoya120

    も一つ、チーム無線も禁止してみたら? パワーメーター以上に混沌として面白くなりそうだけど…F(^ ^;)

    1. piginwired
      piginwired

      結局無線禁止が一番効果でかそうと思えるブヒね。でも、かつてなんかのレースで無線禁止したら結局プロトン内部で談合みたいな状態になって、たいして何も起こらなかったことも・・・・・・

      やるなら最初から禁止とかじゃなくて、ゴール前40㎞からは禁止とかのほうが効果あるかも??

  2. yoshimotoya120

    なるほど、いよいよ勝負が絡むゴール近くなってから禁止する、というわけですね。それはいいアイディアかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK