Loading...
ニュース

UCIがジロの日程を変更へ?ツールにより近づくスケジュールへ。その理由は?

 

将来的にジロの日程が今までよりも遅くなり、ツール開催日に近づく可能性がでてきた。UCI会長のDavid Lappartientが、そんな意向を持っているもよう。

 

一体なぜそんな余計なことを?

 

情報源:Giro d’Italia set to move closer to Tour de France to prevent calendar clash

 




 

 

ジロの日程変更でダブルがより困難に?

 

①UCIの動き

 

情報源記事によると、UCIの現会長David Lappartientはジロの開催日程を遅くしようとしてるもよう。

 

David Lappartientはこう言う。

 

‘We are working to avoid overlapping between the Giro d’Italia and Tour of California. We have already met with RCS (Giro organisers) and we will speak with the Americans in December,’

 

訳「UCIは今、ジロとツアー・オブ・カリフォルニアの日程が被るのを避けようとしとるんよ。UCIはすでにジロ主催者RCSと話をしてて、12月にはカリフォルニア主催者側とも話す予定や」

 




 

 

②UCIの狙い

 

 

で、なんでこんなことをしようとしてるのかというと、David Lappartientの考えはこう。

 

‘The plan is to postpone the Giro by a week and push California one week earlier allowing riders to race them both.’

 

訳「計画としては、ジロの開催日を一週間遅らせたい。そんでカリフォルニアは逆に一週間早めたい。そうすれば選手らは両方のレースに出られるからや」

 

 

UCI近年、ロードレースのグローバル化を推進中。おかげで世界中でロードレースが開催されることになった。同時にそれはチーム側・選手側の負担が増えることも意味する。移動距離が地球全体になるわけやし、移動するための各種手続き、荷物運搬、スタッフの確保などやることがめっちゃ増える。

 

またレーススケジュールも過密化。出走レース数も増加。選手の疲労も溜まる。

 

各レースへの選手の振り分け・担当も考えなアカンし、それが出来るだけの選手の数も揃えなあかん。

 

 

さらに、大事(UCIにとって)なレースが日程的に被るのも起こる。その代表例がヨーロッパで行われるジロとアメリカで行われるツアー・オブ・カリフォルニアのバッティング。

 

来年のジロは5月11日スタート。一方で、Tour of Californiaは今はまだわからへんけど、たぶん5月第二週の土日あたりスタートのはず。これまでどおり日程がかぶるわけ。

 

UCIとしてはグランツールの1つであるジロは当然に大事。

 

しかし、同時にアメリカは世界中のビジネスの中心かつ最も重要な市場であり、グローバル化推進やファン層の拡大といった点でも非常に重要。上記UCIの推進方針の要の1つともいえる。サッカーがこれだけ人気でたのはアメリカ資本の莫大なマネーが流れ込み、それがメディア戦略に活かされたからやしね。その夢をロードレース界も見たい。

 

またアメリカに本拠地を置くプロチームやバイクスポンサーにとっては当然母国であるアメリカは重要。だからこそ、チームBoraとSpecializedはピーター・サガンというスーパースターを毎年、ジロではなくCaliforniaへ出走させてるわけで。

 

こういう現状では、スター選手が2つのレースのうち1つにしか出られへん。これはどっちかのレースでスターが減るということ。これもこれでUCIとしてはあまりよろしくない。UCIにとって大事なレースにはやはりスターが揃ってほしい。

 

というわけで、特にジロとCaliforniaの両方の日程を変更してうまいぐあいに調整しよかというわけやね。で、ジロは1週間遅れで、逆にCaliforniaには一週間早めで。これで日程の隙間が確保できることになる。まぁどちらにせよ忙しいのは忙しいブヒねぇ。

 




 

 

③ツールとのダブルはより困難に

 

 

もし仮にいつかジロ開催日の後ろ倒し(日本語として前倒しはあっても、後ろ倒しという言葉は最近の新しい使い方らしい)がなされた場合、ツールまでの間が減ることになるブヒ。

 

ただでさえ、ジロとツールのダブルを狙うにはジロ後の十分な回復期間が必要不可欠でしかも今でさえギリギリ。昔はジロが春先やったからダブルを狙うのはわりと余裕あったけど。現代でダブルが難しい理由の1つはこの日程のギリギリさ。

 

そんなタイトなスケジュールがさらにタイトになるわけで、ダブルを狙うのはかなり厳しくなりそうブヒね。

 

Wiggleでブラックフライデーセール中。

 

冬用装備を揃えようや

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK