Loading...
ニュース

【安全性の向上】Specializedが2019年ヘルメットでついにMIPSを搭載!そしてANGiセンサーとは?

Specializedのヘルメット

 

Specializedから2019年モデルのヘルメットがいくつか販売開始されてる。この2019年モデルでは特徴的な進化があった。

 

それは、ようやく同社がほぼ業界標準のMIPSを搭載させたことや。さらに、ANGiと呼ばれるセンサー技術を搭載してきた。

 




 

 

Specializedの2019年モデルのヘルメットに搭載されるANGiセンサーとは?

 

Specializedのヘルメット
© 2018 Specialized Bicycle Components. 日本公式サイトより

 

Specialized日本公式:ヘルメット一覧

 

①初めてのMIPS搭載。MIPS SLとかいうのもあるでよ。

 

さて、上述のようにSpecializedは2019年モデルのヘルメットにおいて、重要な安全に関わる2つの技術を採用した。1つはMIPSと呼ばれる業界標準「的」な技術の搭載。もう1つは、ANGiや。

 

ワシもSpecializedユーザーでもなんでもないから今まで全然気づいてなかったんやけど、Specializedって今までヘルメットにMIPSを採用してこなかったんやね。

 

しかし、同社は態度を一変。2019年モデルからは全てのヘルメット(子供用であろうと)MIPSを搭載する方向へ。これで安心やね。Specializedの店員さんも、営業トークがはずむというものよ。お客さんから「なんでお前んとこMIPSないん?」と聞かれたら説明しづらかったやろうしね。おまえらもあんまり店員さんを困らせないように。

 

業界としてのMIPSの開発は1995年あたりから始まったようなんやけど、ほぼ25年近くたってようやくのSpecializedによる採用ということやね。最新技術を盛り込む姿勢の同社の開発傾向から考えると、ちょっとした驚きやね。

 

あと、MIPSの進化版、MIPS SLという技術もハイエンドモデルに搭載される予定。そうした特別なヘルメットが販売されるらしい。この技術の対象となるようなヘルメットは、

 

  • S-Works TT
  • S-Works Evade II
  • S-Works Prevail II
  • Ambush(MTBヘルメット)

 

となる。

 

さてこのMIPS SLっていう技術やけど、通常のMIPSはワンピース構造なんやけど、MIPS SLは分割されたパーツが連結されてる構造を部分的に採用してて、それぞれのパーツがゴムっぽい素材のベルトで固定されてる。そんな構造を採用。

 

これによって、アクシデント時により自由で柔軟なパッドの動きが確保されたり(安全性の向上)、そして着用時のフィッテイング・快適性が向上。

 

同社曰く、「分割構造採用したけど、安全性は普通のMIPSと同レベルやから安心やで」。

 




 

 

②ANGiセンサーについて

 

 

この動画を見やがれブヒ。ヘルメットのベルト調整のところにANGiセンサーがくっつく。

 

このANGiセンサーは、以下のような大きく3つの特徴・技術を持つ

 

  • ライドに出かけたことを登録した連絡先へお知らせ
  • 衝突や転倒時の衝撃を感知
  • スマホアプリとの連携で、感知した情報を家族などにお知らせ

 

上から順番にそれぞれ、ライド前、ライド中、そして転倒後という時系列に対応する。

 

以前、Trekの監督がライドに出かけたまま行方不明になった事件を覚えてるかな?記事にしたやつ。

Trekの監督が意識不明で見つかる。大切なのはヘルメットと、そしてアレ!

 

この監督はライド中に意識を失って自転車ごと倒れた。ヘルメット(たぶんTrek製品やろう)してたから頭はけっこう保護されて、今となっては無事に回復途上や。

 

ANGiセンサーがあれば、こういう突然のアクシデントを家族とかに知らせることができるし、どこを走っててどこに倒れてるのかも探しやすくなるってことやね。

 

昔からのSpecializedファンなら覚えてるかもしれへんけど、これはいつぞやのICEDOTとかなんとかいう技術の進化版みたいなやつやね。

 

ま、詳しくは下の公式サイトで読んどいて。ちゃんと日本語になってるし。

 

Specialized公式:INTRODUCING ANGi

 

Wiggleでブラックフライデーセール中。

 

冬用装備を揃えようや

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」