ミケル・ランダ

ミケル・ランダは来年ダブルに挑戦するのか?

モビ☆スタが誇るトライデント(三又の槍)の一刃をなすMikel Landa。去年のツールにおいてフルームを超える最強のクライミング能力を見せつけたにもかかわらず、今年は落車や怪我もあり、パっとしないまま終わった。わりと不運・幸運とかによって結果に大きな差があるタイプというイメージ。好不調の波が激しいタイプのように思える。

 

そんなランダが来年はダブルへ挑戦するもよう。

 

情報源:Landa aims for Giro-Tour double in 2019

 




 

 

ランダが2019年のダブル挑戦

 

 

去年のLandaはチームSkyやった。そしてGeraint Thomasとともにダブルエースとしてジロへ。しかし落車に巻き込まれGは撤退、Landaは最後まで走り続けたものの総合優勝は無理やった。山岳賞はゲットしたけどね。

 

そしてジロ続いてのツールで、上述のように山岳ですばらしい能力をみせつけてフルームを総合優勝に導くアシストとして大活躍。本人としても表彰台までほんの僅かの差でフィニッシュ。

 

ところが今年は全然アカンかった。

 

あえて、1年ごとに結果の良し悪しが変わると仮定するならば、来年はアタリの年と予想できる。しょうもない仮定やけど。

 

 

情報源によるとそんな来年について、Landaは地元スペインのメディアに対してこう語ったもよう。

 

“I want to do the Giro and the Tour,”

 

訳「ジロとツールに出たい」

 

この発言だけやと、ダブルを狙うつもりかどうかはわからへん。ジロかツールのどちらかにアシストとして出場するということも考えられる。

 

しかし、

 

“Will it affect me in the Tour? I do not think so,”

 

訳「(来年のジロはTTが3つあるし、5つの山頂フィニッシュがあるけど)それがワシのツールでのパフォーマンスに影響与えるかって?ないと思うで」

 

“There have been many mountains in the last week in Italy in recent years, and people go on to do well in the Tour.”

 

訳「近年はジロの最終週に山岳ステージが多いけど、ジロに参戦した選手は結局ツールでもええ感じに走っとるやん」

 

つまり、ジロでもツールでも両方で、本気で走るつもりやと。ジロ走ったから、ツールではアシストとしてゴール前にはオサラバという状態にはならへんで、と。

 




 

さらに、

 

“What I achieve in the races will affect my future,”

 

訳「ジロとツールでワシが見せたパフォーマンスが、今後の将来に関係するわけよ」

 

“I hope to give headaches to those who have to renew me or those who want to sign me.”

 

訳「ワシとしては、今後の契約更新とか移籍契約のときに相手を悩ませられるようなパフォーマンスを見せたいね」

 

という今後を見据えた発言をしとるわけ。つまり、結果を出していろんなチームが欲しがるような選手になりたいと。

 

よって、これらの発言を総合的に考慮すると、ジロもツールも本気で走るつもりやということやね。つまりダブルを狙うと。

 

ちなみに、まだLandaはチームのボスと話してないようや。

 

 

モビ☆スタにはもちろんキンタナもいる。キンタナはツールだけに照準を合わせると思うけど、そうなればこれまでと同様におそらく来年のツールでもダブルエース体制で行くということやろね。

 

まぁ、Landaの考えに対してチームのボスがどう結論を出すか次第やね。

 

Wiggleでブラックフライデーセール中。

 

冬用装備を揃えようや

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]


[wiggle]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください