Loading...
ニュース

【SRAM】チームKatushaがついにディスクブレーキ導入へ【Canyon】

SRAMのディスクブレーキとCanyonロードバイク

2019年度からプロチームのKatusha-Alpecinがディスクブレーキ搭載ロードバイクを本格的に使うことに決まった。


情報源:Katusha Alpecin commits to SRAM disc brakes for 2019 season





Canyonが発表。ディスクブレーキを本格的に導入へ。





今回の情報は、バイクスポンサーであるCanyonから公式に発表されたもので、チーム公式ページでも紹介されてる。


チーム公式:Team KATUSHA ALPECIN commit to race Canyon Disc in 2019


まだまだプロトン全体でディスクブレーキロードバイクが普及してるとは言い難い状況やけど、


メーカー「メーカー主導でガンガン入れ替えていこうぜ」


という感じなんやろかね。




最近チームはスペインのマヨルカ島でトレーニングキャンプしてたんやけど、そこでは、24人の選手全員がUltimate CF SLXまたはエアロロードCF SLXに乗ってたんやけど、全てのバイクSRAM Red eTapが装備されてたらしい。


せやから、トレーニングキャンプ前からもうすでにディスクブレーキをチーム全体で使うぜという方針は固まってたというわけやね。


さすがに全員に強制というわけではないやろうけど、それでもディスクブレーキロードバイクに乗ることをかなり「要求」されるようなチーム内雰囲気になるんやろね。


ちなみに同チームとCanyonとの関係は来年で8年目?ずっとSRAM。来年もSRAM。というわけで、たぶん来年のどこかの時点で、Katushaのバイクにも12速のRed eTapが登場することになるやろね。


おまけ:Twitterでもつぶやいたけど、2019年1月1日からWiggleとCRCがシマノ製品と日本人とアメリカ人とカナダ人には販売しなくなる。せやから、Wiggleは今のうちにシマノ製品を日本人相手に売りさばこうと特別キャンペーンしてるよ

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


One comment
  1. アバター
    yoshimotoya120

    メカニック側からすればリムとディスク両方のホイールが混在してるほうが面倒なはずですから、メーカーとも協議してエイヤッとディスクに統一することにしたんでしょうねぇ。
    あとはF1のピットワークよろしく、ひたすらホイール交換の訓練に励んでいるんじゃないでしょうか?(^c^)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK