【2019ツアー・ダウンアンダー】一流スプリンターの競演。サガン、ヴィヴィアーニ、ユアンが新春のオーストラリアで激突!



ロードレース界の新年・新春を彩る恒例行事であり、シーズン開始を告げるビッグレースといえば、南半球のオーストラリアのレース、ツアー・ダウンアンダー。以下、TDU。


暖かい南半球でのTDUは、業界人やファン、そして選手たちにとってのシーズン最初のレースとしてすっかり定着。毎年このレースでシーズインとなる選手が多い。


そんなTDUの今年の参加チームと選手リストがこちら。


TDU公式:TEAMS AND RIDERS – MEN’S




2019ツアー・ダウンアウンダー参加チーム&選手リスト




TDUの時点では、コンディションはまだまだ仕上がってない状態の選手ばかりやけどね。でも、だからこそ勝利を狙える確率が上がる。新人選手などには知名度を上げるビッグチャンスともいえる。


また同時にスプリンターたちの新年早々のバトルが見られるレースでもある。




上記公式ページを見ると、カレブ・ユアン、ピーター・サガン、そしてエリア・ヴィヴィアーニがTDUに参戦することになってる。よって、ユアン、サガン、ヴィヴィアーニという一流スプリンターの競演が見られるというわけ。


なお、まだ一部のチームは出走予定選手を発表してない。




自由に動くサガンと、安定のQuick Stepトレインに乗るヴィヴィアーニはおいといて、 この3強対決で注目したいのが、 赤ロットのトレインとユアンがどれぐらい上手く動けるかやね




ユアンは新チームやからね。新しいトレインにどこまで馴染めているかが判明する。もちろん問題点があれば解消する時間は余裕であるわけやけど、TDU以後も中東のスプリンター向けレースなどが目白押しなわけで、早期にトレインとの馴染みは仕上げておきたいところ。




実はユアン自身は、今年すでに1勝を挙げてる。Bay Critsというクリテリウムレースやけどね。せやから調子は上々。また、チームとの馴染みもうまくいってるのかもしれへん。


でもビッグレースで、しかもみんなガチになるレースはまたちょっと雰囲気違うからね。ビッグレースでチームトレインがどうなるかはまだ未知数。


この点については、去年のカチューシャとキッテルを思い出すとわかるわな。ダメダメやったからね。トレインとの馴染みだけでなく、そもそもトレインのパワー不足というのもあるやろうけど。


また、Quick Stepについていえば、クラシックエースでもあり平坦屋でもあるニキ・テルプストラが移籍した抜けてしもうたから、その影響が平坦牽引力についてどれぐらいあるのかがちょっと気になるところやね。


問題修正の時間はまだまだあるといっても、上述のように去年のキッテルとチームトレインとのダメっぷりを思い起こせば、シーズン最初から問題なく安定したトレインが組めることが一番ええことやからね。


問題修正のためには、ごちゃごちゃいろいろ試行錯誤せなアカンし、そんな努力がちゃんと実るとも限らへんしね。そらもう最初から問題なんてないほうがええからね。


なお、今年のTDUは1月10日から20日までの開催や。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください