Loading...
ニュース

【荒野の7人】2019年にデビューする期待&注目の新人選手7名

ロードレースの期待の新人



今回は新人選手のお話。今年に、ワールドツアーチームの一員としてデビューする新人選手の中で、期待の新人をご紹介というネタや。


情報源:Nine young WorldTour debutants to watch in 2019




刮目せよ!2019ワールドツアーチームの期待の新人選手たち7名。



①Ivan Sosa





まず1人目は、移籍問題でゴタゴタがあったIvan Sosa。21歳。


キンタナ村長の一族。すなわちコロンビア人クライマー。チームSkyのベルナルとはかつてのチームメイト。2人はともにプロコンチームのAndroni Giocattoli-Sidermecに所属してた。


素質はひょっとしたらベルナル以上か、とも評される選手や。




Trekと最初に契約したと発表されて(しかもTrekから公式に)たのに、いろいろあって結局チームSky入りが決定。よってベルナルと再びチームメイトになる。あかん、チームSky強すぎる。



②Harry Tanfield




Harry Tanfieldは24歳の英国人。TTスペシャリスト。これまでCanyon-Eisbergに所属。


今年の英国選手権では、個人TTでGeraint Thomasに次ぐ2位。同じくTTスペシャリストのAlex Dowsettに勝った。


また去年はコモンウェルスゲームをはじめ、ツール・ド・ヨークシャーなど年間を通じて活躍。


そんな24歳は今年からKatusha-Alpecinで走る。つまり、Alex Dowsettとチームメイトとなるわけやね。




③Stevie Williams




Stevie Williamsは、ウェールズのニューポート出身の選手で22歳。なんとなく、顔がアイルランドの至宝、ダンマーことダン(ダニエル)・マーティンに似てる気がする。


で、実際に次世代のダン・マーティンの異名を取る実力者でもある。


実際に今年の戦績は、U23 Liège-Bastogne-Liègeでは9位、フランスのRonde de l’Isardでは最初の2つのステージで優勝、U23 Giro d’Italiaでは総合5位(個人TTが弱くて表彰台を逃した)。


そんなStevie Williamsは、今年からバーレーン・メリダで走る。つまり、新城とチームメイト。



④Marc Hirschi





上の画像を見てわかるとおり、Marc Hirschiはスイス人。20歳。今年はチームSunwebの育成チームで走ってた。


今年の戦績はなんといっても、U23のUCI世界王者に輝いたこと。2位とは15秒差をつけた堂々の独走勝利!最後の下りで果敢にアタックをしかけたのが実った。


そんな20歳のスイス人は、順当にSunwebの育成チームからガチの同プロチームへと昇格。



⑤Tadej Pogačar




Tadej Pogačarは、スロベニア出身の20歳。オールラウンダー的な選手で、実際に去年のU23国内選手権ではロードレースと個人TTの2冠に輝いた。体は細いから、クライマーよりのオールラウンダー。まぁ総合系選手。


さらに去年はTour d l’Avenir、Grand Prix Priessnitz spa、そしてGiro del Friuli-Venezia Giuliaと立て続けに総合優勝。


今年からはチームUAEで走る。



⑥Remco Evenepoel




この動画でみてわかるとおり、Remco Evenepoelはベルギー人。18歳。去年のジュニアのUCI世界選手権の王者。そのときの優勝シーンが上の動画ってわけ。


2018年の戦績がヤバい。 ジュニアの世界ではあるものの23このレースで優勝。その中には、ジュニアの世界の5つのグランツールで飾った5つ総合優勝と、
18個のステージ優勝が含まれてる。


未来のEddy Merckxか?


で、当然のように今年からはDeceuninck-Quick–Stepで走る。デビュー戦は、アルゼンチンで行われるVuelta San Juan。



⑦Giulio Ciccone





最後にGiulio Ciccone。チッコーネ。イタリア人らしい名前。


サルバトーレとか、アルカポーネとか、マスカルポーネとか、カルボナーラとか、ペペロンチーノとか、ボロネーゼとか、アラビアータとか、
ジョルノジョバーナとか、 ナンシー・トルネアータそういう系統。言いたいことわかる?


最近のジロでは、いつも積極的にアタックかけて、攻撃的な姿勢でレースを動かして目立ってる若手という印象が強い。


そんなGiulio Cicconeは去年までプロコンのBardiani-CSFやったんやけど、今年からTrekへ。

Wiggleで年末セール中。

  冬用装備を揃えようや

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]
[Wiggle]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK