Loading...
ニュース

【カンパ】12速スーレコEPSがツアー・ダウンアンダーで登場か?そのスペックは?【スーパーレコードEPS】



さてここしばらくのロードバイクの機材に関する話題といえば、やはりSRAM Red eTapの12速化。


しかし、今回は、Campagnoloが誇る電動コンポ、通称スーレコことSuper Record EPSの12速の話題や。


ずばり、現在開催中のツアー・ダウンアンダーの会場(?)で、電動版スーパーレコードEPSの12速がメディアに補足された。


情報源:Campagnolo Super Record EPS 12-speed is race-ready(有料会員限定コンテンツ)





(1) スーレコ12速のこれまで





昨年の4月やったかな、三大コンポメーカーたるCampagnoloが、その最高峰コンポであるスーパーレコード(スーレコ)の12速化を発表した。


この件に関しては当然に、去年でも以下のように記事にした。




一方、上記の発表時点では「電動コンポEPS」の12速化は発表されへんかった。


そして実際に、プロトン内部で電動コンポばかりになってもスーレコEPSの12速がメディアに発見されることはなかった。つまり、この1年は全く表に出てくることはなかったと言える。






(2) 2019年ツアー・ダウンアンダーと12速スーレコEPS



ところが、去年の暮れに日本人にもおなじみのプロコンチネンタルチーム、
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが、その公式サイトにおいて、スーレコEPSの12速版を使う予定と記載した。


これも以下の過去記事で紹介した。




また、ワールドツアープロチームではLotto-Soudal、Movistar、UAE Team Emiratesが、Campagnoloのコンポを使用。


そして、ツアー・ダウンアンダーでそれらのチームが12速版EPSコンポを使う可能性が高い。



(3) 12速スーレコEPSのスペック、紐式12速との関係など



①ほぼ確定?の情報


さて、情報源記事によると、まずほぼわかっていることとして、


  • 非EPS版と同様に、11-29Tと11-32Tに対応
  • 新しいフリーハブは不要で、既存のホイールをそのまま流用可能
  • クランクのデザインは非EPS版と同じ。4つボルト式スパイダー構造で、ウルトラトルク採用
  • フロントギアは、53/39T、52/36T、そして50/34Tが選択可能。ツアー・ダウンアンダーでは、対象バイクの全てが53/39T
  • ディスクブレーキ仕様もあり
  • リアディレイラーのデザインはややスリムになって(軽量化?)、少しデザインが変わっている?チェーンとの関係か?
  • 非EPS版とは異なり、今のところはダイレクトマウントではなく、伝統的なマウント方式
  • フロントディレイラーは、一見すると特に変わり無し?



とのこと。



② 未確定な情報


最後に全く未確定の情報やけど、ジャンクションボックスの設置場所について。


ひょっとしたら、Shimanoの電動コンポを使うTrek Madone、Pinarello F10、そしてColnagoのように、ダウンチューブとかにもつけられるようになってるかも?なるかも?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」