Loading...
ニュース

2019パリ~ルーベの参加チームが発表。ワイルドカード枠7つ。

パリ~ルーベ2019



ついさっき、パリ~ルーベ主催者から今年の参加チームが発表されたので紹介しとく。


まず当然に18個のワールドツアーチームは参加。そして注目はやはりワイルドカード枠のプロコンチネンタルチームがどこになるか。


今回はワイルドカード枠で7つのチームが選出された。その7チームはここだ!




2019パリ~ルーベのワイルドカード枠



まず公式Twitterを。


いちおうまとめとくと、


  1. Cofidis
  2. Team Delko Marseille Provence
  3. Team Direct Energie
  4. Team Arkéa Samsic
  5. VITAL CONCEPT – B&B HOTELS
  6. Roompot – Charles Cycling Team
  7. Wanty-Gobert Cycling Team



以上、合計7つ。今年のワイルドカード枠はこうなった。コナった。


この中で特に注目すべきは、やはりTeam Direct EnergieとTeam Arkéa Samsicの2つ。


というのも、まずTeam Direct Energieには、去年までQuick Stepでクラシックエースを務め、パリ~ルーベの優勝経験者ニキ・テルプストラが移籍してきた。


ちなみに同チームが乗るバイクはWilier。




次にTeam Arkéa Samsicにはゲルマンゴリラこと、アンドレ・グライペルがLotto Soudalから移籍してきた。ゴリラもクラシックは大好き。たぶん、パリ~ルーベに出るはず。乗るバイクはBH。


たしかにパリ~ルーベは実は獲得標高そのものはけっこうあるんやけど、まぁ「特殊な平地」だらけで、パワー型が絶対有利やしね。


VITAL CONCEPT – B&B HOTELSには、チームEFからピエール・ロランが移籍したけど、ロランは向いてないパリ~ルーベなんて走らへんやろうし。


あと、Roompot – Charles Cycling Teamってのは、去年にシクロ世界王者ファン・アールトが所属してたVeranda’s Willems-Crelanと、Roompot-Nederlandse Loterijとが合併してできたチーム。


ちなみに、この新チームRoompot – Charles Cycling Teamには、Lotto NLからラース・ボームが移籍してきた。




ファン・アールトとVeranda’s Willems-Crelanは移籍問題がこじれて揉めに揉めてたね。法廷闘争まで行ってたからね。このへんも過去記事に書いた。




なお、今年のパリ~ルーベは4月14日に開催!首を長くして待つといい。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
One comment
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」