Loading...
ニュース

【アンケート】プロ選手はどのグランツールが一番好きなのか?【ジロvsツールvsブエルタ】



ロードレースで最大級のステージレースといえば、いわゆるグランツール。3つのレースから構成されてて、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、そしてブエルタ・エスパーニャの3つ。現代ではそれぞれの主催者によって1つ1つが特徴的なレースへと仕立てられている。




では、プロ選手が一番好きなレースは一体どのグランツールなのか?実際に選手に聞いて答えてもらったアンケート結果をご紹介。


情報源:Giro, Tour, or Vuelta: What race do the riders prefer?




プロが一番好きなグランツールは?



なお今回の情報源メディアによる調査は、別に科学的・統計学的に厳密な調査とかじゃなくて、単にベテラン選手とかに聞いてみただけの簡単なアンケートにしかすぎひん。



①走ってて一番楽しいのは?



もう単純にレースを走って楽しいという観点では、ジロが1位。ただし自分が勝てる可能性があるならツールが1位となる。ま、そらそうやね。



②昔と比べて一番変化したレースは?



この観点でいうと、1位はブエルタ。かつてはジロとツールの影に埋もれてた印象もあるけど、近年はジロともツールとも異なる面白さを演出し、独特の存在感を示すレースに仕上がってる。


選手もシーズン後半やから、前半で活躍できなかった選手や、最後に打ち上げ花火を盛大にあげようとする選手(次年度の契約交渉のネタにもなる)たちが殴り合うレースとなって予想不可能なおもしろさを添えてくれてる。わりと運営もラテンのノリでカオスとなりがちという楽しさ(ツッコミどころ満載)も。ブエルタクオリティ。だがそれがいい。






③一番カオスなのは?



レースが一番混沌に満ちたものになるのは?それは、やはりツールが1位。


なんといっても、世界最大のレース。自分のために、チームのために、スポンサーのために、目立とうとみんな必死。とにかく高いリスクを取ってでも、勝利を目指す。そのためにプロトン内部はカオス。


ツールで勝てないとスポンサーがつかない!逃げちゃう!


特に平坦ステージでのゴール前スプリントの混沌の大きさはみんなの知るところ。プロは大変。骨折してでも勝て。骨数本で勝てるなら安いもんや!みたいな感じ。


みんなイライラしながら位置争いするから、一触即発。




④ステージ優勝を一番したいのは?



1位はツール。ま、当然。



⑤一番しんどいのは?



これは明確な順位なし。どれもしんどいとのこと。それぞれのレースがそれぞれ特徴的やから、それぞれ独特の過酷さがあるからやね。結局みんなしんどい。



⑥のんびりサイクリングするなら?



余暇で趣味としてのんびりとサイクリングを楽しむならどれがいい?

この観点からは、ジロが1番となった。


ベテラン選手Hausslerの意見にその理由が集約されている。すなわち、カフェの充実とコーヒーの美味さ、世界最高のパスタ料理の存在、そして小さな情緒あるホテルの存在。


さて、おまえらはどれがいい?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK