Loading...
ニュース

ヘルメットのMIPSは本当に安全なのか?

ヘルメット



みんな知ってる通り、最近のヘルメットにはMIPSという技術が導入されとる。このMIPSってのは、Multi-directional Impact Protection Systemの略。簡単にいうと、いろんな方向からの衝撃から頭を守る技術・構造のことや。安全性を高めるための工夫やね。




参考(PDF直リン):OGK「MIPSとは?」


現状、中級グレードから上級グレードのヘルメットにはほぼ100%といっていいほど、このMIPSが使われてるんとちゃうかな?それほど当たり前になった技術・構造。


今回はそんなMIPS搭載ヘルメットは本当に安全なのか?というお話。


関連過去記事:ヘルメット購入。BELL Zephyr MIPS。レビューとサイズ感覚。

関連過去記事: 【ヘルメットのサイズ感】Giro Synthe・Aeon WF・CinderそしてBell Zephyrをかぶり比べた感想・レビュー。






(1) 問「MIPSを開発した会社は?」答「MIPSです」←??





で、このMIPSをそもそも開発したのはMIPSというスウェーデンの会社(公式サイト:MIPS)。衝撃吸収とかを専門に研究する企業。まー、世界にはいろんな特化型企業あるね。


ところがこのMIPS社自身が、MIPS搭載ヘルメットの安全性について疑問符をつけてる。


情報源:MIPS questions lack of standards for testing rotational motion in helmets



(2) なぜMIPSヘルメットの安全性に疑問符?





その理由は、簡単にいうとヘルメットメーカー各社ごとにMIPS搭載ヘルメットのテスト基準がバラバラやから。統一的なテスト基準がないんやね。


ようするにほんまに厳密な科学的検証がメーカーによってされているのか?そのテスト基準の設定は適切なのかということやね。


しかもMIPS社と他の世界トップレベルの専門組織とが共同で検証してみたら、「MIPS搭載」と謳ってるヘルメットでも、実際にはMIPSの効果がないものがあるらしい。MIPS社はそのブランドの名前を明らかにしてない。



なお、MIPS社によるMIPSと同じく衝撃緩和システムを謳うのがヘルメットメーカーPOC社による独自システムやけど、MIPS社は、いわば商売敵であるPOCが同社の特許を侵害したと法的に訴えてた。


しかし、両者の間には法律的な和解が成立したので法的紛争は解決ずみ。


さて、おまいらのヘルメットは大丈夫かな?



ちなみに、昨日は昨日でタイヤの耐久性について書いた。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」