Loading...
ニュース

【ついに登場】Campagnolo が電動12速 スーパーレコードEPSを公式に販売開始へ

Campagnolo 12速Super Record EPS



Campagnoloが世界で初めて12速のコンポを発表した日から1年、ついに公式サイトに電動版のSuper Record12速EPSの情報が登場!やったぜ。




情報源:Campagnolo launch Super Record EPS 12 Speed groupset



いよいよ12速Super Record EPS販売開始へ




①これまでの動向



ちなみにこれが1年前の記事。



ただし、1年前に発表した12速 Super Record(以下スーレコ)は非電動やった。つまり紐式。12速の発表自体はSRAMよりも早かったものの、電動版12速の発表についてはSRAMに先を越された。


しかし電動スーレコの12速EPSも、すでに今年のシーズンインのツアー・ダウン・アンダーからワールドツアーチームがその電動版を装備してるんちゃうか?とも言われてた。これも過去記事でネタにした。




というわけで公式発表まで秒読みやったわけ。





② ついに12速EPSが公式サイトに登場



そしてついにCampagnolo公式サイト(海外)に、電動版スーレコEPSのページが登場した。


Campagnolo:Super Record EPS 12×2 Speed



見た目とかはこの公式ページにいろいろあるから見といて。




③ 販売開始時期



上記情報源によるとどうやら3月終わりから英国で販売が開始されるもよう。


最近はどこの業界でも、世界同時展開みたいなのが当たり前になりつつあるから、日本でも英国とそう変わらへん時期に販売になるんとちゃう?知らんけど。



④価格



情報源記事によれば、コンポをフルセットで買うとこうなる。


  • ディスクブレーキ版→£4,108(約61万円。ファッ!?)
  • リムブレーキ版→£3,800 (約56万円)



ちなみに非電動の場合はディスク版が£2,831、リム版が£2,551やった。だいたい非電動の1.5倍の価格になってる感じやね。


もちろん日本の場合は特別な価格(意味深)になる可能性もあるからいちがいには言えへんけど、非電動の「1.5倍」というのを目安に考えるとええんとちゃうかな。




⑤重量



今回の電動版の重量は、

  • ディスクブレーキ版→2505g
  • リムブレーキ版→2255g



となる。

非電動版と比べると、リム版が182g、ディスク版が214gの重量増となる。


ちなみに、SRAM Red eTap AXSと比べると、そのAXSで仮にエアロ性能追求版の編成(フロントシングル)を選んだとしたら、AXSの重量はリム版で2052g、ディスク版で2343gとなる。


というわけで、スーレコEPSよりも、SRAMのほうが軽くなる。


ただし、普通にフロントダブルにしたら、ぶっちゃけ誤差の範囲で収まる。ほぼいっしょ。


というわけで、みなさんSRAM AXSか今回のスーレコEPSのどちかで迷いますね?迷ったときは両方とも買ってみて、気に入ったほうを残して、もう片方はすぐにメルカリで売るといいブヒ。多少は投下資本が回収できるブヒ(悪い顔)

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK