Loading...
ニュース

Bianchi新モデル「Sprint」発表!レーシングモデルとして過去最安か?

ロードバイクBinachi Sprint



おしゃれなブランドというだけのイメージにとどまらず、ワールドツアーチームのJumboにもバイクを提供し去年から勝ち星を重ねるバイクブランド、Bianchi。すっかり勝つのが当たり前のブランドになったというか、過去の栄光を取り戻したというべきか。


そんなBianchiが「レーシングカテゴリーのバイクとして」は同ブランド史上の最安かもしれない、お手頃価格カーボンバイクの「Sprint」を発表した。SprintはかつてBianchiの象徴として存在してたモデル。それが現代的な装備で生まれ変わった。





Bianchi Sprintの概要・価格とスペック





まずは公式サイトで画像や情報のチェックをどぞ。

Bianchi(海外公式):SPRINT


①概要・価格例



ロードバイクBinachi Sprint
Binachi Sprint © F.I.V. E. Bianchi S.p.A. (Grimaldi Industri AB) / VAT IT 01897810162.



新モデルSprintは、レーシングバイクというカテゴリーに入る(はず)ので、当然にUCI規格に準拠した作りになっている。


フレームはフルカーボン。そしてリムブレーキ版とディスクブレーキ版のフレームが販売され、105仕様のリムブレーキ版完成車は£1,850(約27万円)となる。ただし、日本での発表はまだされていないから現時点で、日本市場での価格がいくらになるのか不明。……と書いてたら、日本の公式で発表あったわ。

日本では105リムブレーキ仕様完成車が¥228,000


日本公式:“AN ICON IS BACK” Bianchi “Sprint”誕生




またその他の完成車価格の例としては、


  • 105仕様のディスクブレーキ版完成車:£2,350(日本市場では27万8000円)
  • Ultegra仕様のリムブレーキ版完成車:£2,100 (約31万円。日本市場価格は不明)
  • Ultegra仕様のディスクブレーキ版完成車: £2,675 (約39万円。日本市場価格は不明)



Sprintの位置づけとしては、レーシングバイクのカテゴリーにおいて、エアロロードのAriaの1つ下のモデルになり、かつてのSempreに替わるモデルとなる。


フレームなどの特徴としては、上位モデルからいくつかの点を継承してることが挙げられる。たとえば、シートポストはOltre XR4から、フォークはトップモデルのSpecialissimaからそのデザインと技術を継承してる。


ロードバイクBinachi Sprint
© F.I.V. E. Bianchi S.p.A. (Grimaldi Industri AB) / VAT IT 01897810162. ロードバイクBinachi Sprint



またリア三角の剛性を高めるため、シートステーとシートチューブと接続する部分は通常より下方に設定されてる。このへんも「Sprint」という名前のイメージ通りなのかも。


タイヤのクリアランスは、リムブレーキ版のフレームが28mmタイヤまで、そしてディスクブレーキ版のフレームは32mmタイヤまで装着可能。


フレーム単独の重量はリムブレーキ版が1080g、ディスクブレーキ版が1100gとなってる。さほどの違いはないね。また両方とも他社ブランドのバイクと比べて重いとかそんなこともない。特別軽量というわけではないけど、重いという重量でもない。



②スペック



ロードバイクBinachi Sprint
© F.I.V. E. Bianchi S.p.A. (Grimaldi Industri AB) / VAT IT 01897810162.  ロードバイクBinachi Sprint



スペックは公式のデータをそのまま引用しておく。次のようになる。


TECH FEATURES

  • Full carbon monocoque frame and fork
  • Racing geometry, UCI Approved
  • Electronic and mechanical shifting compatible
  • Head tube with aero profile
  • Internal cable routing
  • Tapered head Tube 1.1/8”-1.4”
  • PressFit 86.4x41mm BB
  • Full carbon dropouts with metal inserts
  • Braze on FD
  • Integrated Seatpost clamp
  • 27.2mm round seatpost

SPRINT DISC

  • Flat mount calipers & thru axle 12x 100/142mm
  • Compatible with tires up to 32mm
  • 7 Sizes: 47-50-53-55-57-59-61cm

SPRINT

  • Compatible with tires up to 28mm
  • 8 Sizes: 44-47-50-53-55-57-59-61cm


なおヨーロッパモデルではSRAM eTap AXS仕様も販売される予定。日本ではどうなるか不明。日本代理店の発表待ち。




(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK