Loading...
ニュース

2019パリ~ルーベでダークホースとなるかもしれない5人。



ダークホースといえる選手が逃げ切り勝利を飾った2019年のRonde van Vlaanderen。ならば、来たるパリ~ルーベでもダークホースの優勝があり得るかもしれない。2016年のヘイマンおじさんのように。


そこで今回は、ダークホースとなるかもしれない5人のご紹介。


情報源:Beware the dark horse: Five who could surprise at Roubaix





(1) パリ~ルーベでのダークホース


情報源記事で紹介されてる5人は、以下のメンツ。

  • Heinrich Haussler, 35 (Bahrain-Merida)
  • Stijn Vandenbergh, 34 (Ag2r-La Mondiale)
  • Daniel Oss, 32 (Bora-Hansgrohe)
  • Imanol Erviti, 35 (Movistar)
  • André Greipel, 36 (Arkéa-Samsic)



「なるほどなるほどー」と納得のメンツ。 以下、一人ずつ簡単に紹介。





① Heinrich Haussler



まずHeinrich Hausslerについてはいうまでもないね。その実力は数々の実績が証明しとる。なんといっても2009年のミラノ~サンレモが思い出される。同レースにカヴェンディッシュが初出場で初優勝を遂げた年。そしてそのとき勝利を目前にして(文字通りの意味で)2位になったのが、Haussler。




すっかり年をとり、今となってはMatej Mohoric(たぶんパリ~ルーベでもエースか?)のアシストをやってるけど、蓄えた経験はプライスレス。勝負勘は衰えてないはず。



②Stijn Vandenbergh



AG2RのStijn Vandenberghといえば、めっちゃでかい選手として有名。身長2m。かつてはQuick-Stepでボーネンのアシストを務めていたベルギー人。もちろんクラシックのスペシャリスト。




Vandenberghで思い出すのは2013年のパリ~ルーベ。カンチェラーラが優勝した年。カンチェラーラをマークしながらも未舗装セクションのCarrefour de l’Arbreで、観客と接触して落車してレースが終了したシーン。またすぐ後にチームメイトのZdenek Stybarも観客と接触してレースが終わったのも記憶に新しい。



③Daniel Oss





3人目のOssについては、言うまでもないね。Peter Saganの右腕と言える存在にして、Saganから絶対的な信頼を寄せられる相棒。いつでもSaganのそばにいて、最後までアシスト。いつでもどこでも動ける万能選手。チームSkyとかにいけばエース張れるとも思えるけど。本人にその気なさそう?


④Imanol Erviti





4人目Imanol Ervitiはその所属チームも含めて意外かもしれへんけど、モニュメントに47回出場、パリ~ルーベには14回出場のクラシックを知り尽くした超ベテラン。


先日のRonde van Vlaanderenではバルベルデの出場もあってか、クラシックでは珍しくMovistarの選手が最後まで活躍してたけど、さすがにパリ~ルーべにはバルバルデもでーへんからね。そうなると作戦としてはこのImanolおじさんの長距離逃げに賭けてくるはず。


⑤Andre Greipel





最後はゴリラ。ドイツ製のゴリラ。もう36歳やけど、年をとるにしたがって、積極的に?登りのあるステージレースでの逃げ、そしてクラシックに挑戦するようになったゴリラ。興味深い進化を遂げているゴリラ。


プロコンゆえにチーム力はないやろうけど、それでもパリ~ルーベを制することができるパワーは健在のはず。チーム力がないゆえに、ある意味で自由に走れるかもしれない。その自由さは、作戦の柔軟さ・臨機応変さにつながるから、何が起こるかわからないパリ~ルーベではチーム力の弱さが逆に好影響及ぼすかもしれへんね。


(2) ワシの注目選手Taylor Phinney





今回の情報源には書かれてへんけどワシとしては、チームEFのTaylor Phinneyにも注目したい。いわずとしれたウェア・アクセサリブランドのGiroの広告塔的存在にして、ロードレース界のファッションリーダー。

本人も去年のパリ~ルーベでの経験を根拠にした自信を持ってるようやしね。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK