Loading...
ニュース

アラフィリップが移籍か!?移籍先はあのフランスチーム?

Julian Alaphilippe



Deceuninck-QuickStepのエースとして春のクラシックで暴れまくったJulian Alaphilippe。去年からずっとハイレベルな走りを維持。今年のツールでも山岳ステージを狙ったり、あるいはPeter Saganのグリーンジャージ獲得の最大のライバルとなる可能性が高い。




そんなAlaphilippeに移籍の噂が発生しとるもよう。


情報源:Julian Alaphilippe could move to Total Direct Energie on €4m per year deal




なぜJulian Alaphilippe移籍の噂が?



↑の情報源タイトルをみてもらうと容易にわかるやろうけど、移籍先の候補としてあがってるのが、現在はプロコンチネンタルチームであるTotal Direct Energie(以下TDE)。


移籍先としてなぜTDEが噂に?



理由その1





まずTDEはワールドツアー昇格を狙っている。


UCIによって改革された新しいワールドツアーライセンス制度では、各チームの選手個人が保有するUCIポイントが大きな考慮要素となる。


正確にいえば、各チーム内のポイント数の上位10人のポイントが合計されて、チームごとのポイントが算出され、それがワールドツアーライセンスの承認・更新・降格などの主要な考慮要素の1つとなる。


UCI改革については過去記事を参照。たとえば、これ。



そうなれば、やはりUCIポイントを多く保有選手が欲しい。


それにチームTDEはフランスのチーム。Julian Alaphilippeもフランス人。そうなれば、やはりね?



②Deceuninck-QuickStepの財政以上





QuickStepといえば万年予算不足で有名なチーム。近年は勝利数でトップに君臨するものの、なぜかスポンサー探しやら予算不足やらで何かと毎年話題になるチーム。


そんなチームにとって、この春のクラシックでの圧倒的強さを見せつけたJulian Alaphilippeの給与は嬉しい悲鳴となるはず。なぜなら、好成績がゆえにボーナスやらで給料が高騰することが考えられるから。


つまり、Julian Alaphilippeの放出という可能性がある。



イタリアとフランスのメディアによると、チームTDEがAlaphilippe獲得の「ポールポジション」にいるらしい。


チームTDEはAlaphilippeに対して1年で€400万(約5億円)のオファーを出そうかと考えているとかなんとか。


AmazonでKindle書籍のセール開催中 :Kindle本GWセール 40%OFF以上
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


2 comments
  1. アバター
    yoshimotoya120

    DEはTOTALが親になってチーム予算は潤沢になったらしいですね。
    で他国チームで大活躍のフランス人が欲しいよと。

    ただなぁ、Quick Stepのチーム力があるからこそ、ここぞという場面で力を発揮できるわけで、その辺は先に移ってるテラプストラあたりは身にしみてるんじゃないですかねー

    1. piginwired
      piginwired

      もしかしたら、アラフィリップ獲得と同時にクラシック要員を大幅に補強するかもしれないブヒね。それこそQSから大量に引き抜きとか。

      その結果はじきだされるTDEの選手はたまったもんじゃないかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」