Sergio Andres Higuit

【薬好きのコロンビア人】チームEFにSergio Andres Higuitが新加入。バスクのEuskadiから移籍。



シーズン途中のこの時期に、チームEFに新しい選手が加わることになった。その選手とは、Sergio Andres Higuit。名前から予想できるように、コロンビア人の若手選手で、21歳。




チームEF公式:Higuita joins EF Education First




このHiguitは、チームEFに加入する前まではバスクのコンチネンタルチームであるTeam Euskadiに所属してた。


小さい頃から自転車レースが好きで、幼少の頃はTVでアルベルト・コンタドールに憧れ、その真似をしてたりしてたらしい。




なお、学生時代に好きな科目は体育。


しかし、もしロードレースの選手になっていなかったら、薬剤師とか薬の専門家になりたかったらしい。特に救命救急チームに所属して、そこで薬の専門家として働きたかったもよう。今でも薬が好き。いや、変な意味じゃなくて。


その過去からわかるように、脚質はクライマー。ただし、ちょっとした小集団スプリントもこなせるもよう。


えらい中途半端な時期の移籍やなと思うけど、まぁたぶん前から話はいってたんとちゃうかな。どうやろ。そのへんの経緯は不明。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください