Loading...
ニュース

ヴィヴィアーニがジロをリタイアする可能性が?ポイント賞獲得がかなり厳しい現実。

エリア・ヴィヴィアーニ



最後に混沌が襲った昨夜の第4ステージ。その前日の第3ステージではゴール前スプリントの斜行により、Deceuninck-QuickStepのエース、Elia Vivianiが降格処分とポイント削減の憂き目にあった。



そんな処分の結果、ひょっとしたらVivianiが今年のジロを早期にリタイアする可能性も考えられるようになった。ツールへの準備期間を長くとれるメリットもある。

イタリア人のVivianiにとって母国のグランツール、ジロ・デ・イタリアは最重要イベント。せやから最後まで走り切る可能性も十分あるけど、レースの目的であるポイント賞の獲得が難しくなってきた。




(1) ジロのポイント賞(MAGLIA CICLAMINO:マリア・チクラミーノ)のポイント配分について



各ステージには獲得ポイントが設定されてる。で、Elia Vivianiなどスプリンターにとってポイントを獲得できる可能性があるのは次の2パターン。

第1パターン



まず平坦ステージ(カテゴリーAとB)、つまり、第2、3、7、12、13、17、21(最終日)ステージで、ポイントを稼ぐパターン。この記事の時点で第4ステージまで終了してるから、残りは第7、12、13、17、21(最終日)の5つ。


ただし、最終日は個人TTなのでVivianiはたぶん無理。よって実質的には可能性あるステージは4つ。

1位だと50ポイントを獲得。2位以下は 35、25、18、14、12、10、8、7、6、5、 4、3、2、1ポイントが与えられる。上位15名まではなんらかのポイントがもらえる。


第2パターン



中間スプリントでコツコツ少しずつ貯めるパターン。こちらは1位通過でも最大12ポイントしかもらえない。



これら2つのパターン以外、すなわち中級山岳や超級山岳でポイントを稼ぐとかはスプリンターにとってはあり得ない。脚質ノルウェーの選手やPeter Saganとかは別として。




(2) 第4ステージ終了後のポイント賞順位



そして第4ステージ終了時点でのポイント賞のランキングは次のようになっている。

1ACKERMANN PascalBORA – HANSGROHE68
2DEMARE ArnaudGROUPAMA – FDJ61
3GAVIRIA RENDON FernandoUAE TEAM EMIRATES58
4CARAPAZ RichardMOVISTAR TEAM50
5EWAN CalebLOTTO SOUDAL48
6ROGLIC PrimozTEAM JUMBO – VISMA27
7ULISSI DiegoUAE TEAM EMIRATES25
8YATES Simon PhilipMITCHELTON – SCOTT23
9LOPEZ MORENO Miguel AngelASTANA PRO TEAM21
10SENECHAL FlorianDECEUNINCK – QUICK-STEP19
11FRAPPORTI MarcoANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMEC18
12MAESTRI MircoBARDIANI CSF18
13MOSCHETTI MatteoTREK – SEGAFREDO18
14CIMA DamianoNIPPO – VINI FANTINI – FAIZANE’16
15CIMOLAI DavideISRAEL CYCLING ACADEMY15
16NIZZOLO GiacomoTEAM DIMENSION DATA14
17HATSUYAMA ShoNIPPO – VINI FANTINI – FAIZANE’12
18NIBALI VincenzoBAHRAIN – MERIDA12
19MARECZKO JakubCCC TEAM12
20MAJKA RafalBORA – HANSGROHE10
21CONTI ValerioUAE TEAM EMIRATES10
22BELLETTI ManuelANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMEC8
23KNEES ChristianTEAM INEOS7
24MOLLEMA BaukeTREK – SEGAFREDO6
25DUMOULIN TomTEAM SUNWEB6
26GUARNIERI JacopoGROUPAMA – FDJ6
27MODOLO SachaEF EDUCATION FIRST6
28BENNETT SeanEF EDUCATION FIRST5
29GEOGHEGAN HART TaoTEAM INEOS4
30KONOVALOVAS IgnatasGROUPAMA – FDJ4
31OWSIAN LukaszCCC TEAM4
32LE GAC OlivierGROUPAMA – FDJ4
33KUZNETSOV ViacheslavTEAM KATUSHA ALPECIN4
34FORMOLO DavideBORA – HANSGROHE3
35DE BUYST JasperLOTTO SOUDAL3
36CICCONE GiulioTREK – SEGAFREDO3
37SINKELDAM RamonGROUPAMA – FDJ3
38KUSS SeppTEAM JUMBO – VISMA3
39LONARDI GiovanniNIPPO – VINI FANTINI – FAIZANE’3
40DE PLUS LaurensTEAM JUMBO – VISMA3
41GALLOPIN TonyAG2R LA MONDIALE2
42SBARAGLI KristianISRAEL CYCLING ACADEMY2
43BIDARD FrançoisAG2R LA MONDIALE2
44MARTENS PaulTEAM JUMBO – VISMA2
45CARUSO DamianoBAHRAIN – MERIDA1
46BOARO ManueleASTANA PRO TEAM1
47SELIG RüdigerBORA – HANSGROHE1
48VAN EMDEN JosTEAM JUMBO – VISMA1
49CLARKE WilliamTREK – SEGAFREDO1
50BOUWMAN KoenTEAM JUMBO – VISMA-10
51VIVIANI EliaDECEUNINCK – QUICK-STEP-32



1位はBoraのACKERMANN Pascal。ポイント数は68。一方、Vivianiは51位でポイント数は、なんと「マイナス32」!!

両者の差はちょうど100!Vivianiは少なくとも100ポイントの差を埋めなければならない。もちろんACKERMANNが今後、なんからの違反をしてポイント削減という処分を受ける可能性もあるといえばあるけど、うーん……

で、上(1)で書いたとおり、平坦ステージで優勝すれば50ポイントをもらえるわけやけど、最短で100ポイントを埋めようとすれば、ものすごく単純に考えると次の2つの条件が必要。

・Vivianiが2回ステージ優勝(同時に中間ポイントでちょっと稼ぐ)
・ACKERMANNがポイントを何も獲得できず

この2つの条件を同時に満たす必要がある。

しかし、上(1)で書いたようにVivianiが勝てる可能性のあるステージは残り4つしかない。そのうち2つで優勝せなアカン。最大のライバルFernando Gaviriaもいる中でやで?


さらに、ACKERMANNが一切ポイントを得られないという仮定の元での話やからね。その仮定が満たされなければ、当然にさらに厳しいことになる。


これはもう相当に厳しいと言わざるを得ない。Vivianiのポイント賞獲得に黄色信号どころか、もう赤信号。

この最短ルート以外のルートだと簡単になるのかといえば当然そんなこともなく。

というわけで、Vivianiの今年のジロの目的は相当に実現が困難になっているのが現実。とすれば、さっさとそんなジロを捨ててツールに注力という可能性も考えられなくはない。さて、どうなるやろね。

Amazon Music Unlimited (関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」