Loading...
ニュース

デュムラン(大)は膝の負傷によりツールに出ない可能性も。

トム・デュムラン



情報源:Knee injury giving Dumoulin doubts about Tour de France



今年のジロ、第4ステージを覚えてるやろか?

最終盤残り6㎞ぐらいの地点だったか大きな落車が集団先頭付近で発生。デュムラン(大)はそれに巻き込まれ、チェーンリングによって左膝を切り裂かれて、左脚を真っ赤な鮮血に染めながらチームメイトとともに弱弱しくなんとかゴール。しかしやはりジロから去ることになった。



そしてデュムラン(大)は今でもなおその負傷による痛みが続いているもよう。それゆえに、たとえ今年のツールに参戦できたとしても、ベストコンディションとは言えず総合争いには絡めない可能性が高い。

デュムラン(大)は情報源記事で次のように述べる。

“I still have some fluid in the knee, and the cartilage is a bit damaged. It was a big bone bruise,”



訳「まだ膝にちょっと水が溜まってる状態なんよ。膝の軟骨もちょっと損傷してる。それほど大きな骨への負傷やったんよ」

すでにトレーニング自体は再開してるんやけど、やはり痛みは残ってる。果たしてツールへの参戦が可能か、Critérium du Dauphinéでテストする予定。

“If I find out after a few days in the Dauphiné that it causes too much pain, it can cause cartilage wear. If I have too much pain after a few days, I have to get off. But last week it went fine, I hope I can continue along that line.”



訳「もしCritérium du Dauphinéが終わったあと2、3日後に痛みがひどいようなら、それは軟骨が摩耗してる可能性がある。そうなったらツールはやめや。でも、ここ一週間は調子がええんよ。せやからこのままええ感じが続けばええなぁと思ってる」

というわけで、まだまだ膝が完治とはいかないもよう。完治してもベストコンディションでなければ到底ツールで総合争いに絡むのは不可能。精神的にも膝に不安を抱えたままでは肉体にも悪い影響が出るはず。

無理して今後の選手生活に響く事態になるもの避けてほしいが、ツールに出てくれたほうがやはり面白くなるので期待もしてしまう。ファンにとってももどかしいところ。

(*’ω’*) 「ココアをしっかり呑めば完治しやすいんじゃない?」



(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK