Loading...

ニュース

ツール参加についてデュムラン(大)とチームとの間にズレがある?

トム・デュムラン



情報源:Tom Dumoulin casts doubt over Tour de France participation as knee injury persists

今年のジロに優勝候補として参戦するも、その第4ステージにおいてゴールまで残り6㎞地点での大落車に巻き込まれ、脚に重傷を負ったデュムラン(大)。28歳。



真っ赤な鮮血に染まった左脚でチームメイトたちに支えられながらのゴール映像は今でも記憶にある。あぁ痛そう。

同ステージのハイライト動画。



そんなデュムラン(大)のツール参戦の可否については、以前も過去にネタにした。それが↓。




デュムラン(大)とチーム側の考えに若干の温度差?




今、デュムラン(大)はドーフィネに参戦してて、この過去記事からしばらく時間が経過したわけやけど、現時点でのツールの可否について、本人は母国オランダメディアDe Limburgerに対して次のように語る。

‘Getting to the Tour should be OK but it depends on whether my knee is 100 per cent,’



訳「もしツールに行くならばそれはコンディション的にOKやというのを意味するわけよ。でも、結局のところそれは膝が100%の状態かどうかにかかってる」

‘If the knee doesn’t improve, or I can’t improve the shape I have now, then it doesn’t make much sense to me to go.’



訳「もし膝が良くなってなかったり、今のコンディションよりも良くにならへんかったら、ツールへの参戦はワシにとってアホらしいからナシや」

本人としてはツール参戦には慎重な姿勢。しっかりと膝の状態を見極めたいとの考えやね。100%じゃなかったら参戦しても無駄やという考え。



一方で、チームのコーチAike Visbeekは楽観的。コーチは次のように言う。

‘Technically he did a very good time trial, his cornering was good and everything worked out well,’



訳「技術的な観点でいえば、ドーフィネ第4ステージ個人TTはすばらしい出来やった。コーナーも上手く処理できてたし、すべては上手くいってた」

‘He still needs to be in better shape to be riding for the win but we can accept this and we’re pleased with where he is.’



訳「デュムラン(大)はたしかにもうちょっとコンディションを上げないとツール総合優勝は厳しいけど、チームとしては現状に満足できるし、喜ばしいことや」

そらまぁチームとしてはデュムラン(大)がツールに出てくれないと、スポンサーとの関係でも、ファンとの関係でも、そしてオランダ国民の期待という意味でも、いろいろとチームや首脳陣の面子がね……

かといって本人の気持ちを無視して出場させても、今後デュムラン(大)との間にしこりが残るのは確実。

まるで今話題のブラック企業?のカネカとその元社員の転勤指令問題みたいな感じやね。ん?ちょっと違うか?


(カネカによる公式見解を見た?「たとえ嘘でもええから、外部に発表するならもうちょっとこう外面の良い書き方あるやろ・・・・・」みたいな言葉遣いやったで。経営陣や広報部の人間は勉強になるから一度読んでみるのが)

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」