Loading...
ニュース

ロハン・デニスがアワーレコード挑戦へ

ロハン・デニス



情報源:Rohan Dennis will target the UCI hour record



現在Team Bahrain Meridaでツール・ド・フランスに参戦中のTTスペシャリスト、Rohan Dennis。 現在29歳の個人タイムトライアルの現世界王者。ついに再びのアワーレコード挑戦を決定したもよう。



挑戦の日程は?




情報源によると、まだ具体的な計画や日程はなんも決まってないようやけど、推測としては来年の東京オリンピック後というのが可能性として高いと考えられている。

そらま、たしかにそうやろね。まずは五輪が最優先。そして五輪用に完璧に仕上げた肉体をもって、アワーレコードというのが自然な流れ。

実際にデニス本人もこう述べる。

“It’ll be within a year of Tokyo—I always thought I’d wait until Tokyo was done,”



訳「東京オリンピックの年に挑戦予定よ。とにかく五輪が最優先やとずっと思ってる」

まずはなんとしても来年の五輪で個人TT金メダルを獲得することこそが最優先。で、たぶんその次の年からは肉体改造を本格的にやって、体重を減らしたりしながら、グランツールを狙える本格的♂総合エースへと変身するんやと思う。もちろん強いTT能力が、その基礎となり、そして優位性をもたらしてくれる。



デニスの2度目の挑戦と、近年のアワーレコード記録更新ラッシュ




デニスとしては、次のアワーレコード挑戦で2度目となる。

1度目は2015年。ツアー・ダウン・アンダーから2週間後にスイスのヴェロドームにて52.491kmを走り切った。これは、その前年にMatthias Brändleがうちたてた51.852kmという記録を破り、当時のトップ。

しかし、それも長くは続かず3か月後にイギリス人のTTスペシャリストAlex Dowsettが52.947kmという記録を出し、デニスの記録を塗り替えた。

だが同じく2015年にBradley Wigginsが54.526kmを記録。またもは記録は塗り替えられる。

そして今年、そのWigginsの記録をもベルギー人Victor Campenaertsが破った。55.809kmという記録。

どんどん記録更新のハードルがあがっていってるわけやけど、こうやってまたアスリートたちもアワーレコードのレベルも進化していくんやろね。切磋琢磨とはよく言ったもんや。ワシはまっぴらごめんやけど。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」