最新カーボンホイールより速いアルミホイールHUNT 34 AERO WIDE DISC爆誕

情報源:Hunt’s new £479 alloy wheelset claimed to be faster than £2,678 Zipp NSW 202

今回はホイールの話。なんと6万4000円のアルミホイールのほうが、36万円の最新カーボンホイールよりも速いだと!?マジかよ?

(1) Hunt社の新アルミホイール、34 AERO WIDE DISCの概要



今回、紹介するホイールはHuntというブランドの、「HUNT 34 AERO WIDE DISC」というホイール。
名前の通り、 ディスクブレーキ用のホイールで、34mmのリムハイト、そしてエアロ性能を強化したアルミホイール.

お値段は£479(約6万4000円)~。でも、公式通販だと6万円以下の日本円表示になっている。

Hunt公式(通販も可能):HUNT 34 AERO WIDE DISC

簡単なスペックを書くと次のようになる。

  • リム :エアロ性能を追求した設計で、幅はフック部分(タイヤをひっかけるとこ)の下部が24mm、でもその上のほうは26mm。これがエアロ性能向上の秘密。 素材のアルミは6069-T6。これは6061-T6アルミと比べて、引っ張り強度が69%も向上したもの。
  • タイヤ:チューブレスレディホイールのため、すべてのクリンチャータイヤに対応。 チューブレスもOK。推奨は25か28Cか。
  • ハブ :Fast engaging 7.5° Sprint Disc ストレートプル
  • スポーク:Pillar Wing 20 spokes。翼形状のスポーク。その他のいろんなスポークよりもエアロ性能が高い。
  • スルーアクスル :いろいろ選択可能。クイックリリース方式も、ボルト方式も選べる
  • 附属品:チューブレステープとバルブ、予備スポーク、スポークキー、アクスルアダプター、6ボルトのディスクアダプター
  • 重量:1548g

おー、なんかええ感じやね。

HUNT 34 AERO WIDE DISC
© 2019, Hunt Bike Wheels. HUNT 34 AERO WIDE DISC



価格帯や重量としては、最も人気があると思われるCampagnoloのZondaのディスク版と似たような感じ。
でも、日本代理店で買うならば値段はこのHUNT 34 AERO WIDE DISCのほうが安いし(海外通販ならZondaディスクに軍配か?)、重量もこのHUNT34のほうが軽い。Zondaディスクは1675g。

さて、このアルミホイールはカーボンホイールであるZipp 202 NSWよりも速いと公式で謳う。ホンマに?比較データをちょっと見てみよう。

(2) Zipp 202 NSWとの比較


まず公式サイトには、次のように明示されている。

faster than a (carbon) Zipp 202 NSW when paired with a 28c tire

訳「前後のタイヤに28CをはかせたZipp 202 NSWより速い」

さらに、タイヤに25mm Schwalbe Pro Oneを使ったときの風洞トンネルでの実験データとして、次の画像が掲載されいる。

 Zipp 202 NSWとHUNT 34 AERO WIDE DISCの比較実験データ
© 2019, Hunt Bike Wheels.HUNT 34 AERO WIDE DISCとその他のホイールとの風洞トンネルでの比較実験データ

グラフの一番下にある黒い線がZipp 202 NSW(実測1460g前後)、そして赤い線がHUNT 34 AERO WIDE DISC。

「ほぼ全て」の場面でカーボンホイールのZipp 202 NSWが、アルミホイールのHUNT 34 AERO WIDE DISCがよりも抵抗が低いとわかる。

しかし、これは25mmを履かせた場合。

では28mmを履かせると・・・



このように黒と赤の位置関係が逆となる。つまりほぼ全ての場面でHUNT 34 AERO WIDE DISCが優れているとなる。

そして公式サイトによると、

HUNT 34 AERO WIDE DISCは、25mmの性能>28mmの性能

となっているので、結局、

25mmのHUNT 34 AERO WIDE DISC>28mmのHUNT 34 AERO WIDE DISC>28mmのZipp 202 NSW

となる。

ま、こんなんメーカー側は自分のとこの製品に都合のいいように実験の条件を揃えて、宣伝になるような実験結果が得られるよう計算してから実験しとると思うので、これをどう信じるか、どう考えるかは人それぞれ。

そらまぁ嘘をついてるとか結果を捏造してるとかいうわけやないんやろうけど、そういう実験データになるように狙って作った製品を、そうなるように実験して、狙った通りのデータが得られましたというだけの話とちゃうかな。

ただ、こういう実験データどうこうを抜きにしても、普段使いにはええ感じのホイールやとは思うブヒ。

4 thoughts on “最新カーボンホイールより速いアルミホイールHUNT 34 AERO WIDE DISC爆誕

  1. 逆じゃないですか?
    これZIPP202よりはほぼ全ての風向きで劣るってことだと思います。
    下に行けば行くほど空気抵抗の力が下がるので。

    1. おっと、思いっきり間違ってたブヒね。修正しといたブヒ。

      コメントに感謝感激!

      1. 修正後の記事読みました!
        このホイール欲しくなりました(笑)
        アルミホイールにもかかわらず28mmだとzipp202より横風に強いですね…!
        重量もリム幅とか素材を考えると相当軽いですよね

        1. ( ゚∀゚)o彡゜お年玉!お年玉!

          しかもHUNTは今年からクベカ・アソスに提供を始めて、注目が集まるブランド。

          これは買うっきゃない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください