Loading...
ニュース

【リコール】Cannondale CAADXがフォーク破損の危険性のためリコールへ

キャノンデール



CannondaleのシクロクロスバイクCAADXのうち、2013~2016に販売されたモデルについてリコールが発生。原因はフォーク破損の危険性。

詳細は次の日本公式サイトでどうぞ。

Cannondale日本公式:2013 – 2016 CAADX リコール告知

いちおう公式の説明をそのまま引用しとくと、対象モデルの特徴は、

  1. トップチューブもしくはその他のチューブにはっきりと「CAADX」の文字が印字されている
  2. ディスクブレーキが装備されている
  3. フォークレッグの内側に大きく「ULTRAX」の文字が印字されている
  4. (フォークブレードの内部ではなく) フォークブレードの外側にあるフロントディスクブレーキに黒のプラスチック製ケーブルが配線されている



というもの。これらに該当する場合は、お店に問い合わせてどうぞ。ま、詳しくはちゃんと上記公式サイトを見やがれブヒ。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」