ワールドツアーのプロがMTBレースに参戦。コロラドのロッキー山脈を走る

情報源:WorldTour pros descending on Leadville 100 mountain bike race



Wout van AertやMathieu van der Poelなど近年はシクロクロスの世界王者によるロードレース参戦が盛り上がってる。それ以前にはDeceuninck-QuickStepの Zdeněk Štybarも同じ。

また元MTB乗りがロードレースに参戦というのは Cadel EvansやPeter Sagan。マキュアン会長ことRobbie McEwenはBMX出身。

ま、そんな風に違う業界からロードレース業界に転身というのは昔からいろいろあったけど、その逆、つまりロードレースからMTBへ転身とかはあまり聞かない。まぁ業界の規模、ぶっちゃけ動くお金の規模が違うというのもあるやろうけど。

でもせっかく、他業界からロードレースへという動きがあるんやから、双方向の動きがあってもええと思う。

いろいろな業界とクロスオーバーして交流したほうが話題にもなるし、業界全体としても盛り上がり発展しやすいと思う。やっぱりワシみたいにブタ小屋に閉じこもっているといろいろ発展・成長せーへんからね。退化していくだけ。ダメになっていくだけ。

そんな動きを作り出そうとしてるのか、仮にそうだとしてどれぐらい本気なのはわからんけど、今度開かれるMTBレースにワールドツアーチームの選手が参戦することになった。



MTBレース、Leadville 100



ただし、そのMTBレースはUCIのワールドカップとかそういうガチのレースじゃない。でも伝統のあるレースイベント。それはアメリカはコロラド州のロッキー山脈をMTBで走るというもので、Leadville 100というイベント。

© 2016 Life Time Fitness, Inc.  公式サイトより



公式サイト:Leadville 100 MTB

上の画像見るだけでも「あ~イイっすね~」と感じるブヒね。

こちらPV。トレイルランのイベントも開催される。



このレースはかなりハードで、名前のとおり往復で100マイル(160㎞)の走行距離。恐ろしいのは距離だけでなく、山の標高もヤバイ。

ロッキー山脈は4000mを超える山脈。ゆえにこのレースでも、森林限界を余裕で超える、標高3000m以上の高地を走るもよう。ヒエッ…。よって、「Race Across the Sky(天空のレース)」という二つ名がつけられてる。




参戦するプロ選手は?またおまえか。



これに参戦するのは、少し前にDirty Kanzaというアメリカのグラベルレースに参戦したチームEFのTaylor Phinney。またおまえか。

Taylor Phinneyは同チームのチームメイトのLachlan MortonとAlex Howesをひきつれて3名での参加予定。これら二人ともやはりDirty Kanzaを走った。

また元プロのTed Kingも参戦するもよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください