Loading...
ニュース

ミケル・ランダ「Movistarには問題があった」

ミケル・ランダ

情報源:Mikel Landa says there was a ‘problem of overlapping objectives’ at Movistar



来年はTeam Bahrain Meridaで走ることになるMikel Landa。そのLandaが、モビ☆スタには1つの問題があったと言う。その問題とは?

ま、別に記事にするほどのことでもなくて、ロードレースファンならみんなわかりきってることなんやけどね。Landaは、「それは選手同士で目標が被ってしまってたこと」だと言う。

Landaはラジオで次のように述べた。

“The sports directors we had at the Tour de France deserve credit because they had to manage the race while having three leaders within the same team,”



訳「ツール・ド・フランスでの監督たちはいい仕事をしてくれたと思ってるよ。一生懸命、トリプルエース体制を管理・調整しようとしてくれたしね」

“I have a good relationship with Nairo Quintana, as with other team-mates, but the problem has been the overlapping objectives within the same sports group.”



訳「実際、ワシはキンタナ村長とも良好な関係やったで。もちろん他のチームメイトたちともね。でもま、チームにも問題はあったわけ。同じチーム内で目標の重複があったからね」

複数のエースってのはグランツールでも、いくつかのチームが毎年やってるわけで別に珍しいことではないけど、さすがに3人のエースはチーム内調整に面倒が増えるだけで、いいことなさそう。


ただでさえグランツールの毎日は首脳陣が考えることが増えるやろう。それに各エース間の関係の調整も加わるわけで、余計な面倒が増えるだけやろと思うけど。ただ、チームIneosだけは例外か。

Ineosはホンマどうやってツールの1日1日でチームのエースを調整・管理してるんやろね。

と思ったけど、仕事は準備8割本番2割ともいうから、結局のところツールまでにどれだけきちんとチームを管理、エース間の関係の調整をしっかりとできていいるかなんやろね。ツールでの勝利については、「ツールが始まるまでのチーム作り」でほぼ決まってるというわけ。

そう考えるとやはりIneosのボス、Dave Brailsfordの有能さは特別で、モビ☆スタの首脳陣にはそこまでのチーム作りの能力が無いということなんやろね。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」