Loading...
ニュース

来年のジロは火山でタイムトライアル!?しかもグラベル

情報源:Gravel time trial to 2,850m summit of Mount Etna reported for 2020 Giro d’Italia



Giro d’Italia‏でおなじみの火山といえば、Mount Etna。エトナ山。イタリアのシチリア島にある火山であり、ヨーロッパ最大の活火山でもある。海抜2850m。

エトナ山とジロ・デ・イタリア
エトナ山の噴火



そして来年のGiro d’Italia‏では、その火山でのタイムトライアルが実行されるかもしれないと、イタリアのメディアが報道している。

レースの主催者であるRCSは、実際に火山の専門家と情報交換をしているもよう。そして専門家が言うには、「技術的には可能」とのこと。



え?マジで?

いやだって先月(7月)も噴火してたんですがそれは…(参考:動画:欧州最大の活火山、エトナ山がまた噴火 イタリア・シチリア島



ただ基本的にはエトナ山は、一年の大部分は静かにしてるらしいから可能性としては十分だと。

さて報道によると、このエトナ山タイムトライアルでは、27㎞のヒルクライムTTというコースになるかもしれないとのことで、コースの一部にはグラベルの区間も登場するとか。

まぁまず大丈夫やと思うけど、もしそのステージ実行中に噴火したりしたら、山だけに観客の避難誘導とかもめちゃくちゃ大変になって大混乱やろね。

でも、火山をバックにタイムトライアル、しかもグラベルとかTV映え、Insta映えするのは間違いないやろね。主催者RCSとしてはぜひとも実現したいやろね。メディア戦略的に。まずツール・ド・フランスでは見ることのできない光景やろうしね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
2 comments
  1. アバター
    marco

    絶対反対です!

    今年のツール・ド・フランス20sの大雨?雹?でさえ予測不可能
    だったのに、火山の近くで!?有り得ない。

    主催者は観客、選手、全ての安全を確保するべき。

    INEOSは出場辞退しちゃうかも知れないよ~(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」