大荒れブエルタ。ニコラス・ロッシュの負傷の程度は?

情報源:Team Sunweb issue statement on Nicolas Roche injuries after Vuelta crash




初日からいろいろ荒れているブエルタ。昨日のブエルタ第6ステージでも中盤で落車が発生し、総合有力勢たちが複数巻き込まれた。



Deceuninck-Quick-Step、Lotto-Soudal、Jumbo-Visma、Sunweb、そしてEF Education Firstの選手たちが何人も落車。その結果、

  • Victor de la Parte (CCC Team)
  • Hugh Carthy (EF Education First)
  • Nicolas Roche(Team Sunweb)



がリタイアという悲しい結果に。



Jumboの機関車Tony Martinはビブが破けたままレース続行、またBoraのDavide Formoloも背中あたりをひどく打ち付け、うまくペダリングできない状態になっていた。

Nicolas Rocheについてはチーム側からその負傷の程度が発表されてて、

  • 骨折はなし
  • 左の前腕部を10~12針縫う怪我
  • 右四頭筋の負傷



という被害状況。

骨折がなかったのが不幸中の幸い。

Nicolas Rocheは35歳という年齢。引退が見えてくる歳。このブエルタは、グランツールの総合争いに絡める最後のチャンスだったかもしれない。この日まで総合5位という好位置につけていた。さらには、チームIneosの大失態とだらしなさ(やる気のなさ?)もあって、千載一遇のチャンスといえる状況にあった。本人も絶好調の状態だった。しかし、この結末。

本人は「長いキャリアの中でも、過去最大の絶望の1つや (´;ω;`)」とコメントしてる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください